アバター3Dを観て

0
    1月の話になってしまうのですが、久しぶりに映画館で映画を観てきましたチョキ

    話題の3D映画「アバター」を観るためです。


    私自身としては、アバターの内容には、あまり興味がなかったのですが、3Dというものを一度体験したいと思い、ならば映画館に行くっきゃないじゃん!的なノリで行ってきたのでした。



    アバター


    ジェームズ・キャメロン監督の映画です。

    「ターミネーター」や「エイリアン2」などで一躍注目を集め、「タイタニック」でアカデミー賞11部門を獲得、当時の興行収益記録をぬりかえる大ヒットとなり、いつのまにか巨匠のイメージがついてきたジェームズ・キャメロン監督。

    私も好きな監督さんのひとりです。

    ターミネーターを始めて観た時は、子供ながらに「この監督すげーな」と直感で感じ取るくらい斬新だった記憶があります。


    そんなジェームズ・キャメロン監督の最新作、アバターを観た感想はというと・・・


    ネタばれになってしまうので詳しくは触れられませんが・・・


    確かに映像や、カット、演出のしかたなど、ジェームズ・キャメロン監督の持ち味がいかんなく発揮されていて面白かったのですが・・・

    ストーリーがどうも・・・たらーっ

    爬虫類?(正確にはナヴィという人型の種族)どうしの恋愛に、あまり共感が得られないというか・・・なんというかたらーっ

    アメリカの保守派の中で、反米、反戦、映画だと批判されているというニュースが流れていたので、メッセージ性の強い、深い思想の映画だと思っていたのですが、私にはそれほど感じるものもありませんでしたし・・・たらーっ

    しかし、3Dの技術には、相当驚きましたびっくりびっくりびっくり

    かなり以前に、赤と青のメガネをかけて観た3D映画とは、まるっきり違いました。

    飛び出すことより、奥行きのすごさ冷や汗


    本当に自分が、その空間に存在しているような・・・そんな迫力びっくり

    アバターのキレイな映像に、最新3D技術が見事に融合し、映像を見ているだけで幸せになるというか・・・そんなレアな体験をさせていただくことが出来たのでしたときめき


    それにしても、3D恐るべしです。


    アバターのストーリーなど、どうでもよくなってしまうほど、強力なインパクトを与えてくれました拍手


    思い返せば、コンピューターグラフィックの技術により、これからの映画が変わると思わせてくれたのが、ジェームズ・キャメロン監督作の「ターミネーター2」だったように思います。

    時を隔てて、また同じ監督の作品である「アバター」の3D技術により、これからの映画が、大きく変わっていくような、ドキドキした期待感を抱かせていただきましたグッド


    ドキドキ・ワクワク・・・
    ジェームズ・キャメロン監督はやっぱりすごいのです拍手

    麻雀にハマってます(汗)

    0
      昨日から新年度となりました。

      新しい季節が始まりますねときめき

      福島県の中でも北の方に位置する、ここ保原町でも、厳しい寒さが和らぎ始め、暖かい日がつづくようになってきましたおてんき


      春ですねぇパクッ


      寒さの苦手な私は、どれほど春を待ちわびたことでしょうか・・・悲しい

      東北人は、冬の寒さに耐えて、生活しなければならないので、忍耐強く、我慢強い人が多いと聞いたことがありますが、あながちウソではないように思います。





      さて、意外と多趣味な私(飽きっぽいだけかもたらーっ)が、新年度と共に、これからブームとなりそうなものが、ひとつあります。


      「コミックレンタルでしょハート


      ぶぶー  違いますイヒヒ


      それは、現在ハマっている真っ最中ですチョキ

      しかし、興味のあるコミックは、大体読みつくした感が強く、そろそろ卒業かな・・・・と思い始めたところです。(3月は卒業のシーズンだしバッド


      新年度から、ハマりそうな趣味候補ナンバー1は・・・



      麻雀ですチョキ



      「またギャンブルびっくり



      ギャンブルと言わないでください冷や汗


      最近では年配の方の間でも、賭けない(お金を)吸わない(タバコ)飲まない(お酒を)健康麻雀というものが流行しているみたいですし・・・


      お金を賭ける、賭けないは別にして、ものすごく頭を使うゲームなのです。


      以前から麻雀は年に1、2回程度はやっていたのですが、4月からは本格的にやっていこうと思っていますグッド


      なぜ突然、麻雀にハマりそうなのかといいますと・・・

      コミックの「アカギ」の影響なのですねたらーっ

      天才雀士アカギが、麻雀で活躍するマンガなのですが、そのアカギがカッコよくて、もろに影響を受けてしまいましたたらーっ


      「俺もアカギみたいになりたいときめき



      私は、何歳なのでしょうか汗



      でも、趣味を沢山もつことは良いことチョキ


      早速、次の休日に麻雀を打つことが決まっております。


      アカギになることを目指して・・・頑張りますチョキ



      TOUGH(タフ)

      0
        最近、TOUGHにはまってますときめき




        「またマンガの話かよ怒り


        すいません悲しいまたマンガの話です。


        TSUTAYAのコミックレンタルにはまってまして・・・

        10冊借りて500円なんですよびっくり
        20冊借りると800円イヒヒ

        それで、借りては返して、借りては返して・・・を繰り返して、次第にマンガオタクになりかけてきましたチョキ

        私が見てきた数あるマンガの中で、今回紹介させていただくのは前述したとおり、TOUGH(タフ)です。

        簡単にいうと格闘系のマンガです。北斗の拳に近いかも・・・

        灘神影流第15代当主、宮沢熹一、19歳が主人公です。

        格闘マンガは、今まで数多く見てきましたが、通常、見栄えのする立ち技(パンチやキック、スープレックスetc・・・)が主流の作品がほとんどのように思います。

        しかしTOUGHでは、寝技も含めた総合格闘技を描いております。

        サブミッション(関節技)独特の、一撃必殺的な緊張感が、私のフェチ心に大きく引っかかりますときめき

        格闘技ファンも唸らせるほど、リアルな技術の描写をしたかと思えば、明らかに「そんなわけないだろ汗」とツッコミをいれたくなるほどの、大胆なフィクションが、うまくミックスされていて飽きさせませんグッド

        元々、プロレス・総合格闘技ファンの私は、マニアックな登場人物にもハートをつかまれてしまいます。
        (当時のパンクラス勢が多く登場しています。)

        ちょっとマニアックな話になってきましたので、この辺でやめておきます汗


        ぜひ、ご一読くださいチョキ


        灘神影流の真髄は活法にあり!!






        賭博黙示録カイジ

        0
          昨年、私の中でブームが訪れた「北斗の拳」

          レンタルDVDを毎日毎日借りて、何度も見返しました。


          年が明け、2010年。

          現在、私が何にハマっているのかと言いますと・・・

          「賭博黙示録カイジ」のコミック本に夢中ですときめき

          30歳を超えた、いわゆる大人な私が、漫画やアニメばっかりみているのもどうかと思うのですが・・・悲しい

          でも、面白いものは面白いんですパー

          それに、接客業を営んでいれば、無駄な知識など無いのだと思っております。

          「北斗の拳」や「賭博黙示録カイジ」の知識は、いつしか自分の引き出しとなり、どこかで役に立つ時もあるでしょうチョキ

          そんな言い訳を心で唱えながら、毎日睡眠時間を削って、コミックを読みあさってますしょんぼり

          そうです。

          勉強をしない子供の、言い訳レベルの話ですが、いいんです汗



          賭博黙示録カイジ

          カイジの見どころは、なんといっても心理戦です拍手
          基本、ギャンブルの話なのですが、ただ単に運否天賦(うんぶてんぶ)に従うのではなく、様々な駆け引きや頭脳を用い、攻略していきます。
          ハイリスク・ハイリターンなギャンブルを通して、人間の愚かさや、逆に有難みがうまく表現されていて、考えさせられることもシバシバ出てきます拍手

          絵に特徴があるので、親しみづらい人もいるかも知れませんが、息をもつかせぬストーリー展開に、そんな小さなことはどうでもよくなってしまいます。

          純粋な心を持つ、主人公のカイジが、現実主義・結果主義のギャンブルの世界で苦しみながらも挑戦していく姿に、妙に感情移入してしまうのは、私だけではないはずグッド

          機会があったら、ぜひ皆さんにも読んでいただきたいコミックです楽しい

          ざわ・・ざわ・・


          北斗無双

          0
            すいません悲しい
            また北斗の拳の話題です。

            こんなことばかり話題にしてるから、仕事しているのか、遊んでいるのか分からないと言われるんでしょうね汗

            遊んでますチョキ



            来年に北斗の拳を題材にしたゲームが発売されるようです拍手

            その名も「北斗無双」。

            無双シリーズというのがありまして、「戦国無双」や「ガンダム無双」などが有名です。

            簡単にいうと、大勢の敵が襲ってきて、それをバッタバッタと倒しまくるゲームですグッド

            実は、私は「ガンダム無双」を持っていますチョキ


            特別にガンダム好きという訳でもない私が、なぜ「ガンダム無双」をもっているのかというと、志賀に勧められたから。


            そうです!志賀は無類のガンダムオタクグッド



            その志賀と、とある休日にゲームを見に行った時のことです・・・



            私 「な〜んかさぁ〜、ハマれるようなゲームないのぉ〜?


            志賀 「ん〜? どんな感じのゲームがいいんですか?


            私 「こう、何て言うのかなぁ・・・ストレス発散みたいな感じで、長く遊べるようなやつハート」(いつも私は具体性にかけますしょんぼり


            志賀 「それ、難しいっすねぇ〜」



            棚に並べられたゲームを見ながら、しばしの熟考・・・・


            志賀 「あっ!これいいっすよグッド


            そういって手に取ったゲームが、「ガンダム無双」


            私 「なにこれ?ガンダムじゃんびっくり好きだねぇ〜しょんぼり


            志賀 「いや、ガンダムはガンダムでも無双っすからグッド


            私 「そうかぁ〜無双かぁ〜・・・しょんぼり? ところで、むそうって何?汗


            志賀 「えっ汗知らないんすっか?こう・・敵がいっぱい出てきて・・それをぶった切りにするんですグッド


            私 「それって、面白いの・・・?汗


            志賀 「俺の一押しっすよグッド


            志賀の猛烈なプッシュをうけ、ついつい購入してしまった「ガンダム無双」。少々押し売り気味だが、仕方ありませんしょんぼり


            私は、さっさと志賀と別れ、自宅にこもってゲームをすることにしましたジョギングプシュー

            実際に初めて無双シリーズをやってみた私の感想は・・・


            私 「うぉぉぉぉ〜こんなに面白いゲームが世の中にあったのかぁ〜びっくり
            でした。

            まとめてかかってくるザクやグフを、ビームサーベルで切りまくるガンダム。

            特別に難しくない操作性。

            ストレスが発散されていきます。(勘違いしないでください。別に私、欲求不満男ではないですよ汗

            志賀君・・・ありがとう。

            ガンダム無双をすすめてくれた志賀に、心から感謝したのでした。



            次の日、昼休みに昼食を終えた私は、ガンダム無双の話でもちきりとなりました。
            しかし、志賀の様子がどこかおかしい・・・


            私 「いやぁ〜ジャブローで、シャーに逢って、でもその後なかなかクリアできないんだよねぇ〜楽しいどうやってクリアすんの?


            志賀 「・・・・いや汗・・・・実は俺、ガンダム無双持ってないんですよねぇ冷や汗


            私・志賀  「・・・」 しばし見つめ合う



            私 「はぁびっくり?


            意味が分かりません。あの時の自信に満ち溢れたプレゼンはなんだったのかしょんぼり


            志賀 「いや、他の無双をやった時があって・・・だからガンダムなら尚更面白いと思って悲しい

            面白いのは志賀である。


            怒りが込み上げてきましたが、実際に面白かったのは紛れもない事実しょんぼり

            結果オーライ?汗

            志賀のお陰で、無双シリーズの魅力を知ることができたのだから、感謝するしかないのでしょう。
            な〜んか、腑に落ちないのですが・・・


            そんな感じで、私は無双シリーズに出会い、無双を知ることができたのでした。



            北斗無双の話に戻りますパー

            ご存じの通り、最近の私は北斗の拳ブームの真っただ中チョキ

            北斗の魅力と無双の魅力。

            そんな、北斗と無双が合体したら・・・

            私の中では無敵なのですときめき


            ラーメンと餃子。

            カレーに水。

            アニマルにはホークなのですグッド 分かるかな汗


            北斗無双の動画>>


            残念なのは、私PS3持ってないんです悲しい

            買おうかなぁ・・・

            来年発売予定なので、お金貯めてみよチョキ

            今から、ワクワク・ドキドキしている私ですハート


            北斗の拳

            0


              私は今、北斗の拳にハマっていますときめき

              「なぜ、いまさら?

              なぜでしょう・・・苦笑

              ここ数週間もの間、毎日、仕事が終わって帰宅するとレンタルで借りてきたDVDを見るのが日課になっていました。

              毎日、3〜4時間づつ見続けてきて、ようやく昨日最終話までたどりつきました。
              魔人カイオウとの闘いは、それはもう壮絶でしたが、それと同時に私の睡魔との闘いも壮絶でした。
              ケンシロウと共に闘い続けてきた私は、ようやく今日から安眠できるのです(苦笑)

              北斗の拳の魅力は、ケンシロウの人柄です。
              普段は無骨で口数の少ないケンシロウ。しかし本当は優しい心の持ち主グッド

              宿敵(ともと呼ぶ)や情愛のために闘うケンシロウの姿に心が打たれます悲しい


              私は北斗の拳を見ながら、現代社会と照らし合わせます。

              現在の世の中も、アメリカから始まった絶対資本至上主義(グローバルスタンダード)が崩壊し、未来への道筋がつきにくくなっています。
              この日本でも、そのゆがんだ社会により、人間関係が崩壊し、個々が自分の利権だけを追い求め、集団生活に必要な協調性、いわゆる「和」が欠如しかけているようですしょんぼり

              今、必要とされているのは「救世主」なのかも知れません。
              オバマ大統領や、民主党鳩山政権の誕生は、「救世主」を求める国民の声なのでしょう。

              荒んだ荒野。力による統治。弱肉強食の世界で人々の心は失われていきます。
              心の無い世界で、ひとりケンシロウは宿敵や情愛のために闘っていくのです。

              その姿に感動してしまうのです悲しい


              いかがでしょうか?

              20代以上の男性ならば、一度は見たことがあると思いますが、ぜひ女性の方にも見ていただきたいアニメですチョキ



              NOAH 福島大会

              0
                先月の話で申し訳ありません。

                10月8日。福島県福島市にある、国体記念体育館に
                プロレス団体の「NOAH」がやって来ました。拍手

                以前にもお話ししたかと思いますが、私は大のプロレスファン。
                幼き頃からプロレス観戦をしてきた私は通算で何回観戦してきたでしょうか・・・何十回・・・もう分かりません。冷や汗

                福島に巡業に来た時はもちろん、東京ドームや両国国技館、日本武道館・・・などなど、様々な会場にも足を運びました。

                中学生の頃など、お金も無く、必死に貯めたお小遣いでリングから一番遠い2階のB席のチケットを買い、鈍行列車で何時間もかけて上京してまで生観戦していたのでした。
                うぅ・・なつかしいぃ悲しい

                そんな私でも、ここ数年はプロレス人気が低迷気味なのと、さらに仕事が忙しくなり、なかなか生観戦する機会が無くなってしまいました。


                しかし今回、知人の同業者の社長さんからプロレスのチケットが手に入ったとの連絡が入り、お誘いを受けたので、本当に久しぶりの生観戦となったのでした。

                なんと1列目のチケット。びっくり社長さんに感謝です。ハート

                行かなければ、それほど思わなかったのに、行くとなれば行くで、俄然楽しみになってくるのは不思議なものです。

                私は10月8日を心待ちにしておりました。ハート



                当日。
                早めに仕事を終わらせて、国体記念体育館に猛ダッシュ。ジョギングプシュー
                同業者の社長さんと待ち合わせをし、無事、第一試合に間に合いました。


                私は生観戦時に必ず購入するのが、パンフレットです。
                その日の対戦カードや試合順がスタンプされているからです。グッド


                この日は全8試合。
                若手選手の試合から、どんどん有名なベテラン選手の試合へと流れていきます。
                通常プロレスは、特殊なスポーツのため、時間をかけ経験を踏まないと、なかなかトップ選手にはなれません。パー
                しかし、若手選手の試合にこそ、そのプロレス団体のレベルの高さを推し量るヒントが隠されているのです。グッド
                マニアですいません。悲しい

                なので私は、第一試合から食い入るように観戦したのでした。

                もちろん斜に構えて観るつもりも無く、場外乱闘などになれば、恐怖のあまり悲鳴を上げながら逃げ回ります。ジョギングプシュー これもプロレスならではの楽しみ方のひとつなのです。ラブ



                本日のメインイベントは、タッグマッチ。
                佐々木健介、中嶋勝彦VS秋山準、青木篤志

                現在のGHCチャンピオンは、佐々木健介選手のようです。拍手
                あの鬼嫁、北斗晶の旦那さんです。

                佐々木健介選手も、昔は若手レスラーのひとりでしかなかったのですが、いつの間にかトップレスラーとしてプロレス界をひっぱる立場になっているのですね。拍手感傷深い気持ちになってきました。悲しい




                さて、今回のNOAH福島大会の感想ですが、「やっぱりプロレスは面白い拍手」ということを再確認しました。

                全選手が全力ファイトを展開し、乱闘あり、笑いあり、好試合ありのレベルの高い興行でした。

                いち地方の福島の体育館で、これだけの全力ファイトは、昔からは考えられません。
                今のレスラーは、年間何試合こなすのでしょうか?
                毎日こんなにハードな試合をしているとしたら、本当に大変な職業だなと思いました。しょんぼり


                最後に、地方のプロレス観戦時のお楽しみのひとつに「出待ち」というものがあります。グッド

                大会が終了した後、選手達がバスに乗り込む瞬間を待って、話しかけたり、握手してもらったりすることです。

                もちろん、今回も同業者の社長さんを誘い、「出待ち」をしました。
                選手が出てくる度に、「ナイスファイト」とか言いながら身体にタッチします。それが嬉しくて嬉しくて・・・
                変態の領域です。ハイ悲しい

                その中に佐々木健介選手もいたのですが、彼は「出待ち」で残っていた10人くらいのファン全員と握手してくれました。(もちろん私もその中に入っています。チョキ
                さらに、その中の小さな子供さんが、雨に濡れていたのを気遣い、「風邪をひくなよ!」と言いながら頭を撫でてあげたり、ファンサービスを惜しみませんでした。拍手


                トップレスラーとしての責任感が垣間見れました。
                そして低迷しているプロレス人気を回復させるために、地道な努力を感じました。

                よぉぉし、またプロレス観戦にドップリ、ハマってみよう!
                と思いました。チョキ

                 

                ガチ・ボーイを観て

                0


                  またまた映画の話になります。
                  ホントに、ここのところ映画三昧です。
                  「ミスト」も観たし、「バンテージ・ポイント」も観たし、「ジャンパー」も観たし・・・イヒヒ

                  その中でも、一番観たかった映画が「ガチ・ボーイ」になります。
                  実は私は、大のプロレスファン。ときめき
                  アントニオ猪木が現役だった頃から見ています。
                  中学3年生の時、三者面談があり、先生に進路を尋ねられた私は・・・

                  私 「上京してプロレスラーになる怒り」と答えました。

                  突然の告白にビックリした親と先生が一丸となり、私はあえなく説得されたのでした。しょんぼり
                  その当時の話は機会があれば、今後お話ししたいと思いますが、
                  それくらいプロレスが好きだったということです。ときめき


                  最近はそこまでは、のめり込んではいませんが、それでもネットや雑誌等で現在のプロレス界の流れくらいは把握しています。チョキ


                  「ガチ・ボーイ」は学生プロレスの話です。
                  プロレスは基本的にショーなのですが、学生プロレスはさらにショー的な要素が強いスポーツになります。
                  勝ち負けは事前に決まっていますし、段取りだってあります。パー
                  見に来てくれたお客さんに楽しんで帰ってもらうことに全勢力を傾けます。拍手

                  この映画の主人公、大学生の五十嵐良一は事故で頭を打って以来、一晩眠るとその日の出来事を全て忘れてしまう病気を患っています。そんな彼が学生プロレスに惹かれ、プロレス研究会に入部し、仲間と共に苦難を乗り越えながらリングに立つ・・・と、このようなストーリーです。

                  私は久しぶりに涙をこぼしながら観てしまいました。悲しい
                  なんだか、最近涙もろいんだよなぁ〜。しょんぼり
                  私が涙もろくなったのか、本当に感動する映画だったのか・・・
                  イマイチ分かりません。
                  プロレスが元々好きなために、感情移入しやすかったのかも知れません。
                  しかし、それを差し引いても、とても面白い映画でした。拍手




                  私は、どちらかと言えば洋画の方が好きだったのですが、ここに来て邦画の株が急上昇中なのです。up
                  今までは日本の名画と言われた映画を何となく避けて来たのですが、
                  実際に「仁義なき戦い」や「座頭市」、黒澤映画など、昔の名画を観てみると、役者の演技の凄さにビックリ。びっくり
                  三船敏郎、勝新太郎、菅原文太、金子信雄、松方弘樹・・・
                  その世界に吸い込まれてしまいそうな感覚に陥ります。見る
                  「日本の映画ってすげぇぇ〜」そう思うようになってきたのでした。

                  さらに、洋画を見ていると、どうしても国柄の違いで理解できなかったり、感情移入できないシーンが出てきてしまうのですが、邦画にはそれが無いのも大きいような気がします。拍手


                  プロレスファンで、最近邦画に興味を持ち始めた私に、ピタリと当てはまった「ガチ・ボーイ」。
                  個人的にとてもグッドOKな映画でした。



                  クローバーフイールドを観て

                  0


                    何だか久しぶりに映画の話をしますね!

                    と言うのもずっと映画館やレンタルDVDを観る機会が無かったというか、あまり映画を観る気になれずに離れてしまっていたのでした。バッド

                    映画好きを語っていながら申し訳ありません。悲しい
                    でも、最近また映画を観たくてウズウズしてきたので、ここ最近だけでもかなりの数の映画を観ております。
                    私の中で、映画を観たくなる周期みたいなのがあるようです。グッド

                    さて、今回は「クローバーフィールド」と言う映画を紹介します。
                    SF映画なのですが、久しぶりにのめり込んだと言うか、夢中になったと言うか、とても面白かったです。拍手

                    それも撮影の手法が、一般の市民がホームカメラで撮影したと言う視点になっていて斬新だったからなのでしょう。
                    とても、リアルで緊張感が伝わってくる映画でした。びっくり
                    かつて「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」と言う映画でも同じ手法で描かれていたのですが、SFでは始めてのような気がします。

                    終盤、USゴジラのような感じになってきたので多少がっかりしましたが、それを考えても完成度の高い映画のような気がします。拍手


                    しかし、私の観るジャンルは幅広いと思います。
                    翌日に借りてきたDVDは、黒澤監督の「隠し砦の三悪人」。
                    さらに、「仁義なき戦い」シリーズも最近よく借りてきます。
                    SF、サスペンス、実録、ドキュメンタリー・・・何でも来いです。グッド

                    次に観たい映画は、「ガチ・ボーイ」。
                    楽しみですハート

                    陶芸に挑戦 パート3 

                    0
                      うぉぉぉぉぉ〜出来たぁぁぁぁ〜ときめき


                      人生初めての陶芸に挑戦した私のデビュー作。コーヒーカップがとうとう完成したのでした。拍手
                      思えば長い道のりでした。悲しい
                      何回作業場に、足を運んだことでしょうか・・・
                      ご協力いただいた鈴木先生、本当にありがとうございました。

                      そもそもの発端は、お客様に美味しいドリンクをお出ししてリラックスした一時を送っていただこうと考えたところから始まりました。
                      美味しい飲み物を揃えていくと、今度は入れる容器にもこだわり始めて行きます。色々探してみた結果、なかなか気に入るものが見つからず、それなら自分で作っちゃえハートとこうなったのです。
                      市販のコーヒーカップに比べて、形が均一ではなく、不恰好ではありますが、私の想いが注入されているのでドリンクも、より美味しく感じていただけるはずです。(たぶん・・・汗


                      意外に上手に出来たと思いませんか?


                      大きさや、形はバラバラ汗そこは大目にみてあげてくだせえ悲しい





                      早速、当店自慢のエスプレッソを注いでみる。チョキ

                      おおおおおっびっくりうまそぉ〜ときめき






                      会長に試飲してもらうことになりました。ハート





                      私 「どうだい、会長ハート まさか、うまいべ?




                      ズズズズズッ・・・・








                      会長 「変わんね。」ボソ





                      << | 2/5PAGES | >>

                      オフシャルサイト

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM