お客様からの絵はがき

0
    先日、あるお客様にご来店いただきました。

    「私の車はかなり古いのですが、車検をやっていただけますか?

    昭和61年式のホンダ・トゥディにお乗りのお客様です。

    もちろん、私達の答えは・・・

    「喜んでハート」です。

    実は、カートダイハツ保原ではダイハツの車ばかり整備している訳ではありませんパー
    意外かもしれませんが、比率でいいますと、ダイハツ車が全体の50%。
    後の50%は他のメーカーの車の整備となります楽しい

    ですから、日々多種多様な車が入庫しております。

    こちらのお客様は当店を初のご利用ですが、どちらかのウワサで、「信用のおける車屋」だと見込んでいただき車検を任せていただくことになったのでした。

    いつもどおり誠心誠意、お車の整備をさせていただき無事、御引渡させていただいた数日後・・・・お客様からサプライズな贈り物をいただきましたときめき

    downお客様からいただいた絵はがきdown

    原文
    この度は、大変古くて傷んでいる車にも係わらず、あのように丁寧に点検整備と車検をしていただき、本当にありがとうございました。
    これからも、よろしくお願いします。
    カートダイハツ保原さんは、販売台数が多く優秀な販売店だそうですが、販売台数が多いと言う事は、地域の皆様に信頼されていると言う事だと思います。車の購入は高価な買い物なので、信頼できる店が選ばれると思います。
    今後のカートダイハツ保原さんの繁栄と発展を願っています。
    尚、伊達地区においては、維持費の安い軽自動車は、皆様の生活の必需品です。よって、需要が無くなる事は無いと思います。
    また、ダイハツは、○○○他に比べて、品質が高く、確かな車造りと販売をする様なので、安心して人に勧められると思います。


    裏面は、コペンのイラスト付きですときめき
    お客様は、コペンを好んでいただいており、コペンへの愛情が詰まった文章になっております。
    ※お客様のプライベートな想いが詰まった文章なので、ここでのご紹介は割愛させていただきます。


    私はこの絵はがきに、大きな感動をいただきました悲しい
    早速、他のスタッフにも見せたのですが、皆一様に感動し、大きな力をいただきました。

    地道に一台一台、まごころを込めて対応していけば、お客様に伝わるものだと感じました。

    これからも、誠心誠意をモットーに努力していこうと心に誓ったのでしたチョキ




    花壇

    0


      カートダイハツ保原の裏通りに面した、小さな小さな一区画に花壇があります。桜




      以前この場所は、空き缶やゴミ袋を置いておく場所でした。

      しかし、福島ダイハツのS部長さん(現在定年を迎えられて役職が外れておりますが、私の中ではいつまでも部長さんなのですハート)のお叱りを受けてキレイに片付けたのでした。

      -その時のやり取り-

      S部長 「社長!なんだここはぁ〜怒り

      私 「えっ汗突然現れて、何怒ってんですか(苦笑)」

      S部長 「裏通りだって、お客さんの目につくところが汚くてどうすんだ怒り

      私 「あっ冷や汗

      S部長 「まだまだだな」

      私 「あははは・・・・・たらーっ

      こんな感じです・・・(苦笑)



      S部長さんは昔気質の親分肌のような方です。

      良いことは良い。悪いことは悪い。とはっきり言っていただけます。

      今までS部長さんには、何回怒られてきたことか・・・
      数えきれません(苦笑)

      その度に必死で改善してきた私。

      いまだに怒られてます。たらーっ

      しかし、本気になって怒ってくれる方がいる私は本当に幸せです。

      だって、嫌われたくなければ、わざわざそんなこと言う必要なんてないんですから・・・

      私とカートダイハツ保原を本気で想ってくれているからこそのお叱りですパー

      私はそんなS部長さんが大好きですときめき


      なので、今回もS部長さんが帰られてすぐに、片付けに取り組んだのでしたジョギングプシュー

      片付けが終わり、キレイになると徐々に欲がでてきました。

      「せっかく片付いたんだから、ついでに花でも植えたいなぁ・・・」

      思い立ったら、すぐ行動。

      翌日にはお花屋さんに行ってきましたチョキ

      マリーゴールドと日日草。

      これは、お客様から教えていただいたんです。

      手入れが楽で、年中咲いているので長く楽しめるそうです。

      土を買って、肥料も買って、苗を買って・・・

      私は、花など育てたことがなかったので試行錯誤でやったのですが、みごとにこんなに大きく育つことができましたチョキ



      毎日、花壇の花を眺める私の姿に、一部のスタッフからは「心が病んでる」のではないか・・・とのウワサが立ち込めましたが(笑)その苦労が実を結んだのです悲しい

      しかし、予想に反して、育ち過ぎた花たち・・・
      花壇から溢れ出しそうになってきたのですが、誰か対処の仕方を知っている方はいませんか?冷や汗

      | 1/1PAGES |

      オフシャルサイト

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM