シェルティー

0

    クウさん 「ハアハアハアハアハア・・・・」


    冒頭から興奮したクウさんの写真から始まり申し訳ありません。汗

    何故こんなに興奮しているのかというと・・・・

    クウさんと同じ、シェットランド・シープドッグ、通称シェルティーが当店に遊びに来てくれたからなのでした。拍手

    いつものように散歩をしていた会長とクウさんを、偶然見かけた飼い主さんが、シェルティーを連れて会いに来てくれたのです。



    クウさん 「ハアハアハアハアハア・・・・」



    名前はチョコちゃん。
    とてもキレイで、凄く可愛いらしいシェルティーですハート

    ここで、私に一つの疑問が浮びます。
    チョコちゃんは、どこから見ても完璧なシェルティー。拍手
    それに比べてクウさんは、頭が大きく、鼻も長く、少し歪な感じがします。冷や汗
    シェルティー同士並べてみて始めて感じるこの違和感・・・


    私 「あっ・・・あれっ冷や汗クウさんって・・・ホントにシェルティー?


    私の脳裏に「バッタもん」(偽者の意味)の言葉が浮んできました。


    そんな、私の不安をよそにクウさんの猛アピールが開始。down


    クンクンクンクンクン


    クンクンクンクンクン


    クンクンクンクンクン


    クンクンクンクンクン


    チョコちゃん 「もう!しつこい犬ねぇ〜」


    クウさん 「ハウっ汗」     チョコちゃん 「誰も・・・」


    クウさん 「ハウっ汗」     チョコちゃん 「見てないわね。」




    チュッハート


    私 「あぁ〜怒りクウの分際で、チュウしやがった!


    チョコちゃん 「じゃあねハート


    upクウさん放心状態・・・・

    ※今回も多少のフィクションが入っております。実際の犬の気持ちは分かりません。汗



    ここ数日・・・
    クウさんは、急激に大人びてきたような感じがします。(錯覚かも・・・)
    きっと、大人の階段を昇ったのでしょう。
    バッタもんのくせに・・・ ←最近クウさんを可愛がる時に好んで使う。


    そんな冗談はさて置き、クウさんにとって良い友達になってくれたら嬉しいです。グッド
    ぜひまた、遊びに来て下さい。ハート

    それにしても「チョコちゃん」って名前が多いのにビックリ。
    それとも偶然「チョコちゃん」に縁があるのかなぁ〜?
    みんな、カワイイチョコちゃんですハート





    陶芸に挑戦 パート3 

    0
      うぉぉぉぉぉ〜出来たぁぁぁぁ〜ときめき


      人生初めての陶芸に挑戦した私のデビュー作。コーヒーカップがとうとう完成したのでした。拍手
      思えば長い道のりでした。悲しい
      何回作業場に、足を運んだことでしょうか・・・
      ご協力いただいた鈴木先生、本当にありがとうございました。

      そもそもの発端は、お客様に美味しいドリンクをお出ししてリラックスした一時を送っていただこうと考えたところから始まりました。
      美味しい飲み物を揃えていくと、今度は入れる容器にもこだわり始めて行きます。色々探してみた結果、なかなか気に入るものが見つからず、それなら自分で作っちゃえハートとこうなったのです。
      市販のコーヒーカップに比べて、形が均一ではなく、不恰好ではありますが、私の想いが注入されているのでドリンクも、より美味しく感じていただけるはずです。(たぶん・・・汗


      意外に上手に出来たと思いませんか?


      大きさや、形はバラバラ汗そこは大目にみてあげてくだせえ悲しい





      早速、当店自慢のエスプレッソを注いでみる。チョキ

      おおおおおっびっくりうまそぉ〜ときめき






      会長に試飲してもらうことになりました。ハート





      私 「どうだい、会長ハート まさか、うまいべ?




      ズズズズズッ・・・・








      会長 「変わんね。」ボソ





      6月のイベント

      0
        開催日 2008年6月28、29日

        --------イベントチェック--------------------------------------------------------------
        今回の限定車の対象車種は、ダイハツが誇る人気のカスタムが3車種。
        ミラカスタム・ムーヴカスタム・タントカスタムです!
        各3台ずつの数量限定販売なので、興味のある方はお早めにハート
        また2日間は、CVT車試乗会を開催します。
        ダイハツのCVTは、燃費がGoodチョキ加速がGoodグー音が静かパー
        ぜひ、この機会に体感して下さい。楽しい
        ご来場プレゼントとして花火のセットもご用意しております。
        ぜひ、ご来店下さい。
        -----------------------------------------------------------------------------------------

























        社長コラム 号外編 5月号  「体験学習」

        0
          カートダイハツ保原では、ご来店いただいたお客様の中で、アンケートにお答えしていただき、さらにご要望いただいた方のみに特別なお手紙を、月に一回発送させていただいております。
          今回は特別に、先月送らせていただいた内容を、ここで紹介したいと思います。


          down down down down down down ここから down down down down down down



          こんにちわ!
          カートダイハツ保原の寺島しんのすけです。

          このコラムでは、毎月私の思った事やその時の出来事などを気の向くまま書き連ねております。
          車に関係のない話もありますが(実は車意外の話の方が多いかも汗
          まあコーヒーでも飲みながら読んでやってください。


          ------タイトル---------------------------------------------------------------------

          第10話 「体験学習」

          --------------------------------------------------------------------------------

          志賀 「社長!今先程○○中学校から電話がありました!

          私 「あっそう。なんて?

          志賀 「いやぁ〜体験学習が、なんとかって言ってたのですが・・・また電話をいただけるそうです。」

          私 「ふ〜ん。」

          会社に戻ってきた私に、不思議そうな顔で電話があったことを伝える志賀。
          それはそうです。
          日頃、中学校から電話をいただくことはまずありません。パー
          しかし、私には大体の察しがついていました。
          そして含み笑いを浮かべながら一人で納得したのでした。モグモグ

          志賀 「・・・?(社長、頭でも打ったのかな?)」


          昨年の話になります。
          当店の前の交差点で人身事故がおこりました。
          自転車に乗った中学生が道路に飛び出し、車と正面衝突したのです。
          ここではその時の詳細は割愛させていただきますが、私はその瞬間ちょうど事務所にいたので、駆けつけ、道路の真ん中で気絶していた中学生を抱え上げて救助のお手伝いをさせていただくことができたのでした。
          (救助のお手伝いと言ってもそれ程大した事ができた訳ではありませんが・・・)

          数日後、その生徒が通う中学校の校長先生がわざわざお礼に来てくださいました。校長先生の話によると、中学生の命に別状はなく無事とのことで、一安心。
          校長先生とお話しできるなんて、そうそうチャンスがありません。なのでその後、色々なお話をさせていただきました。
          その中でも私がどうしても提案したかったことが一つありました。
          それは、「会社体験入社」です。
          学生の頃って、親や先生に守られて生活しているので、当然社会に出た時の厳しさなんて分かりません。パー
          それどころか、普段の生活がどうやって成り立っているのかも分からないと思うのです。
          社会人になって初めてお客様に頭を下げ、上司に叱られ、汗をかき、プレッシャーをかけられて、ようやくお給料を貰うことで生活できるのだということを知るのだと思います。
          そこで両親が、今までいかに大変なことを簡単に見せかけて自分を育ててくれたのかを知るのだと思います。
          そして社会人として成長してくるにつれ、目標ができ、その目標を追いかけているうちにいつの間にかそれは夢となり、その夢を励みにまた頑張るのだと思います。

          学生の頃から、明確な進路や将来の夢を持っている人がいたら、それは素晴らしいことですが、どうなんだろう・・・なかなか難しいような気がします。しょんぼり

          ならば学生の頃に、そういった疑似体験をすることができれば、自分の進みたい道や、将来の夢なども描きやすいのではないだろうか・・・
          そんな考えから私は校長先生に「会社体験入社」を提案させていただいたのでした。グッド
          もちろんうちのような小さな会社で良ければぜひ協力させていただきたいとも思いました。

          その熱い想いを打ち明けると、校長先生は・・・・


          校長先生 「あっ・・・そういうの・・ありますよハート


          私 「えぇぇぇぇ・・・あるのびっくり


          と意外な答えが帰って来たのでした。冷や汗
          「体験学習」という授業があるらしく、数人がペアとなり協力してもらえる会社で一定の期間働かせていただき社会の勉強をするとのこと・・・


          そう言えば、コンビニで中学生がガラスの掃除をしていたのを見た事があります。ひらめき

          長時間にわたって熱く語っていた私は、顔を真っ赤にしながらシュンとうなだれてしまいました。悲しい


          校長先生 「いやいや、でもそんなこと言って下さる方は、本当になかなか居ないですよ。通常は仕事に支障をきたすので、嫌がられて会社先を探すのが大変なのです。ぜひこちらで宜しければ学生を勉強に来させたいのですが、いかがでしょうか?


          私 「ぜひ!


          何故、私はこれほど協力したいのかと言うと、私自身、学生の頃はひどい落ちこぼれでどうにもならなかったのに、先生や親や友人が支えてくれ、最近ではお客様にまで助けていただきながら何とかやってこれたのです。
          その恩を返すことが出来ないまま生活しているので、偉そうなことなど言えた義理ではありませんが、その恩を次の世代に渡したいのです。
          これを「恩送り」と言うそうです。
          受けた恩を別の人に送ると、皆が幸せになるという意味のようです。
          この言葉を教えてくれたのも私の知人からです。
          そうやって私は、周りの方々から多くを学ばせていただき現在に至るのです。



          志賀が電話を受けた翌日。また電話がかかってきて正式に「体験学習」を当店でやってもらうことになりました。チョキ
          数人の学生が、6月30日から5日間当店にやってくる予定です。
          どんな学生が来てくれるのか今から楽しみです。ときめき
          落ちこぼれだった私が次の世代の若者達に何を伝えられるのか?
          そして当店で働くことにより何かをつかんでもらうことができるのか?

          ワクワクしていますハート



          up up up up up up ここまで up up up up up up


          いかがだったでしょうか?
          いつもの社長コラムとほぼ一緒ですか?汗
          しかし、号外編でしか話さない内容も多々あるんですよパー
          興味を持っていただいた方は、ぜひご来店いただいてスタッフにお声かけ下さい。

          2008年感謝祭

          0
            感謝祭当日。天気もGoodグッド晴れ




            仕事の合間を見つけながら準備をしてきた苦労が報われるのか、それとも奈落の底へ突き落とされるのか・・・・
            私の胃袋は縮こまり、きりきりとした痛みに襲われました。ショック




            しかし、9時の開店からぞくぞくと沢山のお客様に、遊びに来ていただけました。ときめき
            よっしゃー!と叫びたくなる気持ちをなんとか押さえ、ご来店いただいたお客様に楽しんで帰っていただくため、気合を入れなおしたのでした。

            2008年、感謝祭のスタートです。チョキ

            桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜





            屋外の特設テントでは、何故かメロンを販売。
            これが意外と好評でした。
            GOOD YEARの野地さんのアイディアです。拍手
            タイヤの販売には目もくれず、ひたすらメロンを販売する野地さん。
            終盤には「グッド・ヤオヤ」の称号を手にしていました。 大丈夫か?


            こちらのテントでは、大抽選会を開催中。
            Wiiや任天堂DSなどを揃えていたにも係わらず、一番人気は、米30kg。
            当選された方、おめでとうございます。拍手


            くじ引きをする瞬間の写真です。
            しかし、なんとこの後、一等の旅行券を引くことになります。びっくり
            大きな歓声が上がったのは言うまでもありません。拍手



            ショールームの中もお客様でいっぱいです。ときめき


            昨年よりもテーブルやイスを多く用意していて、正解でした。
            しかし、残念だったのは、一人一人のお客様とゆっくり話せなかったこと。
            あまりお話しすることが出来なかったお客様、大変申し訳ありませんでした。悲しい


            おいしいパンの販売で有名な、「マザーヤマキ」さんのコーナー。桜



            奥では、ダーツコーナーで楽しんでいただきました。チョキ



            こちらは、いたずら書きのコーナー。桜



            前日の中学生のいたずら書きは、すでに消され、チビッコ達の独創的な絵が車を覆いました。拍手
            何度も書いては消しての繰り返しで、凄いことになりました。楽しい



            この日は、クウさんも大人気。
            いたるところで「クウは何処にいるの?」と訪ねられました。楽しい



            こちらは、パターゴルフのコーナー。ゴルフ
            感謝祭のコーナーのために見せかけて、実は私の練習用に購入したとのウワサがチラホラと囁かれたのでした。冷や汗
            そんなことないっす汗


            今年の感謝祭。
            始まるまでは、胃の痛む思いもしたのですが、蓋を開けてみると沢山のお客様にご来店いただき、大盛況のうちに終わることができました。
            ご来店いただきましたお客様、本当にありがとうございました。悲しい
            少ないスタッフで対応させていただいたため、至らない点も多々あったかと思いますが、年々精度を高めて、より楽しんでいただける感謝祭を目指してこれからも取り組んでいきたいと思っております。パー


            来年もまた6月に開催する予定なので、ぜひぜひまた足を運んでいただければ幸いです。

            私にとっても、感謝祭は、お客様とふれあうことができる素敵な時間です。ときめき
            楽しさのあまり、調子に乗りすぎて、翌日軽く微熱を出してしまいましたが、(苦笑)
            また英気を養って、来年に備えたいと思います。グッド

            本当に今年もありがとうございましたぁパー



            2008年感謝祭 前日

            0
              今年もやってきました。
              カートダイハツ保原の年間最大行事である「えこひいき感謝祭」。桜
              1ヶ月以上も前から準備を始めます。
              その内容は秘密のベールに包まれているのですが、今回はチラリとではありますが、ここでご紹介します。イヒヒ



              感謝祭前日・・・

              最後の準備です。
              スタッフ総出で明日の感謝祭の準備に追われます。



              ガーガーガー


              ひたすら掃除機をかける母。


              ガラスまでかけています。汗
              キレイになるんすか?


              おっ!このコーナーは何でしょうか?
              明日が楽しみですハート


              こちらでは明日お手伝いに来てくれるグッドイヤーの野地さんが孤独に作業中!
              まるで、真っ白な灰になった矢吹丈のようです。


              そして徐々に右に視点を移すと・・・


              こちらでは、志賀君が植木に水をくれております。
              早く大きくなれよグッド


              常時遊ぶことができるダーツコーナー。
              明日は何やら景品がもらえるようです。ハート


              ショールームに展示してあったタントカスタムが無くなり、テーブルを増設。沢山のお客様が来てくれるといいのですが。


              姿が見えなかったので、サボっているのかと思いきや・・・小野部長、必死に床の掃除中。こんな真剣な部長の姿は超レアです。イヒヒ



              down感謝祭の目玉の一つ。downイタズラ書きのコーナー!
              (一応釈明しておきますが、車種に他意はありません汗解体屋さんからお借りしたのが、たまたまアルトだっただけですので・・・)

              なんとびっくり本番を前に、近くの中学生がいたずら書きをしているではないですかぁ〜
              (多いときでは20人くらいの中学生に囲まれていました。たらーっ


              凄いことになっています。悲しい
              しかしよくよく見てみると・・・



              おぉ〜
              嬉しいなぁ〜ときめき

              さらに・・・







              私 「なんか俺モテモテだねぇ〜ハートハハハハハっチョキ


              志賀 「いや、社長のことじゃないっすよパー、たぶん俺っすね。」


              私 「はぁぁぁ?それねぇべ、だってみんな俺のこと見てたもん。」


              志賀 「いやいや、恐い人が来たと思って見ただけですよぉ〜、だってそれ書いたの社長が来る前ですもん!


              私 「たぶん、以前から俺のこと見てたんだな!ウン。この乙女心が分からんかなぁ〜ポッ


              志賀 「はいはい、絶対俺っすよ!


              以後繰り返し・・・


              こんな感じで明日の本番に挑む、カートダイハツ保原でした。チョキ









              ワタクシ的リーダー論

              0
                最近、猛烈に忙しい。汗
                自分の仕事をこなしながら、大きな判断をそれも分刻みに決断する毎日。
                スケジュールを立てられる日はまだいいのですが、それを遥かに超える日などは神がかり的な力が必要となります。
                5、6つくらいの仕事を同時進行させ、スーパー集中力でミスなくこなしていきます。
                そんな日が無事終わると、密かな満足感に酔いしれます。
                「俺ってすごくね?
                夜遅くまで志賀が残っている時は、志賀に聞いちゃいます。
                「俺ってすごくね?
                私などより全然大人な志賀は・・・
                「いや・・・凄いと思いますよ嬉しい
                と褒めてくれます。
                でも志賀の顔には
                「まったく、しょうがねぇなこの人は・・・」
                と書いてあります。でもそんなことは気にしません。
                「だべ?そう思うべ?へへへっハート
                と満足気に笑います。


                「リーダー」
                人が集まるところには必ずリーダーが現れます。
                皆をまとめて、一つの方向性を示し、そこに導く人。
                リーダーがいなければ皆がバラバラに行動し、まとまることなど出来ません。
                家族であれば、通常は大黒柱と言われるお父さん。稀にお母さんが実権を握っている家庭もありますが、それはそれで立派なリーダーです。
                野球チームやサッカーチームにはキャプテン。
                学校のクラスには生徒会長。
                大きな話になれば、国には総理大臣や、大統領など。
                リーダーの善し悪しによってその集団や組織は、結束が強くなったり弱くなったり、やる気が出たり無くなったり。

                では、良いリーダーになるには何が必要になるのでしょうか?
                リーダーになるには、人間としての全ての力が必要になってくるのだと思います。
                指導力・行動力・判断力・精神力・・・それに知識や、人格、経験、カリスマ性などなど。

                しかし、人間のリーダーは人間です。
                全てをかね揃えている人など、なかなかいません。
                成功もすれば失敗もしますし、判断を誤る時も一度や二度ではないと思います。

                私も小さな会社ではありますが、社長という肩書きのリーダーです。
                私のリーダーとしての資質はどのくらいあるのでしょうか?
                自分では皆目検討もつきません。
                自信はあるのか?
                常にありません。(笑)

                失敗を繰り返しながらも、周りの人に支えられて、なんとかここまでやって来ました。
                常に失敗の恐怖心と闘いながら、平常心を装いここまできました。

                なので、冒頭の志賀とのやり取りなんかは、本音を言えば、無事に大きな失敗や判断ミスをすることなく一日を終えた安堵感からの虚勢に過ぎず、自分のスキルが高いと思い込むことによって恐怖心を和らぎ、無意識のうちに心のバランスを保とうとしているのです。

                リーダーとは常に孤独な生き物のような気がします。

                でも、私は幸せです。
                しょうがねぇな、この人は・・・と思いながらも付き合ってくれるスタッフもいるし、失敗しても穴埋めをしてくれるスタッフもいます。
                温かいお客様に囲まれて支えられています。
                社長という肩書きを必要としない友人もいます。


                私にはそんな「大切な人達」が周りにいなければ、リーダーなんて絶対に無理。


                総理大臣だって大統領だって同じ人間。
                人間のスキルなんていくらなんでも、それ程変わるもんじゃありません。
                周りにどれだけ「大切な人達」がいるのか・・・
                その人達に支えられて成り立っている事実をどこまで自覚しているのか・・・
                それがリーダーの資質なのかも知れませんね。



                あっ!そう考えると私はリーダーの資質があるのかな?



                | 1/1PAGES |

                オフシャルサイト

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM