陶芸に挑戦 パート2

0
    前回のつづきです。

    13

    型を取り出した粘土の飲み口の部分にマーキングします。

    14

    マーキングしたら、そこに針を通しろくろを回転させながら余分な粘土を切り落とします。

    15

    飲み口の厚さを調整した後に、木材で叩きながら均一に整えていきます。
    この頃には私は一切無口になり、夢中になって作りこみました。
    せっかく先生が、世間話を話しかけてくれているのに上の空・・・汗
    先生、すいませんでした。
    「ワタシ・・不器用な男なもので・・」(高倉健風)

    16

    形が整ったら、とってをつけます。
    とっては粘土を細長く丸めて平たくし、それを「う」の字に曲げて作ります。

    17

    おぉぉぉぉぉ〜びっくり

    できたぁぁ〜ときめき

    18

    どっからどう見てもコーヒーカップにしか・・み・え・な・いハート


    19

    早速、底の部分に名前を彫りました。

    20

    ジャァ〜ン桜
    どうですか?
    多少曲がってはおりますが、それは私がへそ曲がりだから・・・
    私の味だと思ってください。悲しい

    21

    今回は3時間でコーヒーカップ3つ
    スプーンを7つ
    作りました。チョキ

    22

    上からの写真カメラ



    今回、初めて陶芸を体験させていただき
    奥の深さを実感したのと共に、何も無いところから形あるものを作り出していく喜びを感じさせていただきました。パー

    あと2回は通って早く完成させたいと思います。
    その後、焼き上げて店頭でお客様の目に触れさせていただくのにはまだもう少しかかりそうです。

    私の気持ちを込めたコーヒーカップでお客様に
    おいしくホットドリンクを飲んでいただけたら本当に嬉しいです。ハート

    陶芸に挑戦 パート1

    0

      今回私は休日を利用して「桃山房」さんをお訪ねしました。
      桃山房さんは、「桃の郷」福島県桑折町に陶房を構え、桃やりんごの木灰を原料に灰釉・織部焼きの和食器・花器を制作。
      ぬくもりと、使い勝手のよい和食器を販売しております。
      桃山房の陶芸家、鈴木さんはホームページの作成もされており
      当店のホームページも制作していただきました。
      「桃山房」詳しくは>>

      そんな関係で、私は鈴木さんの元に弟子入りし(!?)、
      陶芸に挑戦することになったのです。チョキ

      カートダイハツ保原は只今「スーパーカフェプロジェクト」を計画しております。ホットコーヒー
      その気になる内容については、改めてお話させていただくとして、
      その一環で、私の手造りのコーヒーカップでお召し上がりいただきたいと考えたのでした。パー







      陶芸に挑戦


       

      今回は赤土と言われる粘土を用意していただきました。拍手



      これが「ろくろ」です。
      私は陶芸に挑戦するのは今回が初めてなので、電動ではなく手動のろくろを使用します。
      電動ろくろはかなりの慣れが必要なのだそうです。




      鈴木先生がまずお手本を示してくれました。拍手



      さすが先生。
      手さばきが違います。プロなので当たり前ですね汗



      さて、一通り先生のお手本を見た後に私もチャレンジです。グッド
      まず粘土を手頃な大きさにちぎり、丸めて棒で伸ばしていきます。



      それを型の上から被せます。
      この時に引っ張りすぎると底の部分が薄くなってしまうので注意。
      本当はトグロを巻いて作っていくらしいのですが、これも私が初心者のため簡単な方法で教えていただきました。チョキ



      被せるとどうしても粘土が重なり厚みが変わってしまうので伸ばしながら均一にします。



      ヨイショ・・ヨイショ・・・ヨイショ・・・汗



      均一になったらさかさまにし、中の布を取り出します。

      10

      型を取り出します。


      11

      布を取り出します。汗

      12

      おぉぉぉぉ〜

      なんかそれっぽくなってきたぞぉぉぉ〜びっくり

      初めての陶芸でコーヒーカップを作るのはかなり無理があるらしく
      最初は先生に何度も止められました。しょんぼり
      しかし、どうしても手造りのコーヒーカップでお客様におもてなしをしたかった私は無理をいって先生にお願いしたのでした。悲しい

      先生の教え方が非常に分かりやすく
      いうとおりに実践していくといつの間にかコーヒーカップらしくなってきて、私は無性に感動したのでした。ときめき



                                 つづく

      新入社員の紹介

      0
        今年の初めから新しくカートダイハツ保原に仲間入りしたスタッフを紹介します。拍手






        プロフィール
        志賀 裕之
        昭和51年6月22日生まれ 31歳
        整備経験歴6年
        趣味 釣り 

        私の志賀君の印象
        next実直で好青年
        nextたまに天然!?
        next常に一生懸命。
        nextガンダム好きらしい。






        実は志賀君とは以前から面識がありました。チョキ
        かつて私が三菱自動車のメカニックだった時、一つ下の後輩だったのです。
        さらに以前私は社会人のソフトボールチームを持っていて
        志賀君もメンバーの一人だったのです。野球
        若い頃共に汗を流した絆はそれはそれは固いのです。グッド



        その頃から志賀君は実直で真面目な好青年でした。
        仕事も正確丁寧で、キチンとこなしました。グッド


        しかし、反対に、その頃の私はと言うと・・・
        ここではお話しできないほどのダメダメ人間。悲しい

        まっ・・・皆人間は、過去の失敗を乗り越えて成長するのです。  多分汗


        なにはともあれ、志賀君が加入したことにより
        カートダイハツスタッフの高めだった平均年齢がぐっと若くなることができました。
        志賀君のテキパキ仕事をする姿に他のスタッフも良い刺激を受けております。楽しい
        そして、今まで以上に店の雰囲気も明るくなりました。ひらめき
        私が予想していた以上の相乗効果が現れ始めています。拍手


        人材は会社の宝です。お金
        志賀君を含め社員全員に大きな期待をすると共に私も負けないように、
        より一層頑張ろうと思います。


        皆さんどうか新入社員の志賀をよろしくお願い致します。チョキ







        ダイハツ優秀販売店表彰式

        0
          以前にお話しした表彰式にいわきまで行って来ました。



          いわきの小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブのパーティー会場。




          私の想像していたよりも立派な会場を用意していただき、かなり緊張してしまいました。冷や汗
          これで3年連続で優秀販売店として表彰されるのですが、
          表彰式に出席するのは今回が初めてです。
          心の底からジーパンで来なくて良かったと安堵しました。(冗談ですよ汗

          今回も福島県の名だたる販売店さんが沢山出席されておりました。拍手
          私みたいなコロ坊主がその中にご一緒させていただいても良いものなのでしょうか・・・?
          私一人のために3ランクは品格が落ちてしまうと思います。

          まあ、でも来てしまったものは仕方がありません。グッド
          ドキドキしながら席についたのでした。
          表彰式が始まり表彰される会社の名前が呼ばれて壇上に上がります。



          ドキドキドキドキドキドキラブ



          司会者 「カートダイハツ保原さまぁ〜」




          私 「はっ・・・・・・はひぃパー



          手と足の動きが一緒にならないようにだけを必死に気を付けていた私は重要なことを忘れてしまったのでした。
          皆様にこのコラムで紹介するために持っていったデジカメが机の上にあがりっぱなしで、写真を撮ってもらう段取りを立てるのをすっかり忘れてしまったのでした。冷や汗


          壇上にあがってから思い出した私は同行していた会長にカメラを指差しながら必死にアピールしますが気が付いてくれません。

          私 「あわわわわわぁ〜気が付いてよぉぉ〜悲しい

          必死に指を指し続ける私はふと気が付きました。
          これは「壇上から勝利のパフォーマンスする大胆不敵な男」風に見えているんじゃないだろうか。


          こんな感じか?



          そんなつもりは毛頭ありません。パー
          顔を真っ赤にしながら所定の位置に並んだのでした。しょんぼり



          こういう訳の分からない行動が私は多いのです。しょんぼり
          変なイメージがつかなければいいのですが・・・


          さて、無事表彰式は終わったのですが、約束の写真を撮ってくることができませんでした。悲しい
          がっかりしながら帰宅し、翌々朝、新聞を見てみると・・・


          居ました。


          申し訳ありません。


          これで勘弁してください。




          謎の男

          0
            カートダイハツ保原の初売りは毎年大勢のお客様で賑わいます。拍手
            今年は3日から6日までの4日間だったのですが、満席で立ち話しかできなかったお客様もいらっしゃいました。
            来年までに何か良い方法を考えないといけませんね。
            大変申し訳ありませんでした。悲しい


            さて、今日から通常営業となりカートダイハツ保原も平穏な空気が流れております。パクッ
            今日の午前中は私にも余裕ができたので、カートダイハツ保原の近況をご報告したいと思います。



            見て下さい!このセロリアンブルーのマット・・・・いやいや間違った。ブルーに統一された工場の床を!
            無理を言って、正月の連休中に染めていただきました。
            新日本プロレスのマットの色と一緒ですチョキ(しつこい汗






            あれ!?この男は誰だ?


            どうやら新入社員のようですハート
            詳細はまた後日ご報告いたします。チョキ




            もう少し詳しく近況報告をしたかったのですが、午後から福島ダイハツの優秀販売店表彰式がいわきで行われるために私は出張となります。パー

            以前から話している通り、私はあまり表彰に拘りを持っていません。パー
            表彰されるのは嬉しいのですが、それよりもお客様から喜びの言葉をいただくことに最大限の喜びを感じております。

            しかし出席するからにはその模様もこのコラムで紹介したいと思っていますのでデジカメ持参で行って来ます。ジョギング

            表彰されるのも応援していただいている皆様のお陰です。
            私の緊張の面持ちを見て笑ってやってください。楽しい







            新年の挨拶と今年の初売りについて

            0
              かどまつ新年明けましておめでとうございます。かどまつ
              昨年中はこのコラム、またカートダイハツ保原をご愛顧いただき誠に有難うございました。
              今年もどうぞよろしくお願い致します。ハート


              カートダイハツ保原は今日から元気に営業を開始しました。
              長期の休暇をいただいたお陰で身も心もリフレッシュし、元気満々です。チョキ

              そして今日から6日まで初売りを開催しております。拍手
              今日は初日ということもあり、大変多くのお客様にご来店いただきいつも以上の賑わいをみせました。
              今回は新型タント、新型タントカスタムの発表展示会も同時開催しております。やはり皆様、センターピラーが無い軽自動車に驚きの声を上げていらっしゃいました。びっくり
              昨年末に内見会が開かれ、そこで開発者の苦労話を聞かされていただけにお客様のダイレクトな反応は大変嬉しく思いました。ときめき
              そしてダイハツに係わらせていただいている一人として、誇りに思いました。

              よくここまで完成度の高い車を作っていただきました。ハート
              「新型タントの開発に携わった方々。本当にありがとうございます。」
              タントの魅力を正確に伝えていくのは私達の役目です。
              一人でも多くのお客様に分かりやすく伝えて行きたいと思います。パー

              さて、今回の初売り期間中のもう一つの目玉は「チビッコ落書きコーナー」です。拍手
              本物の車に落書きができるコーナーを設けさせていただきました。
              書いてはいけないところに書くから「落書き」なのです。グッド
              真っ白い車(今回はミラを用意しました。)に赤や青や黒のペンで思いっきり落書きができるって結構夢がありませんか?
              私は早速右のフェンダーに宇宙人(グレータイプチョキ)の落書きをしました。(笑)
              なんか・・・   きもちいいハート

              実はこのコーナーのアイディアは、以前からお世話になっている太田自動車の専務さんから教えていただいたのでした。楽しい
              太田専務さんはこれからの福島県の自動車業界を牽引できるくらいのバイタリティー豊かな方だと思います。拍手
              常日頃からお客様に喜んでいただくサービスを考えていなければこんな発想はなかなか思い浮かばないでしょう。

              私は宇宙人の絵を書いて喜んでいる場合ではないですね汗
              私ももっと頑張ります。悲しい


              ナニハトモアレ汗
              今年もカートダイハツ保原は全力で駆け抜けます。ジョギング
              皆様今年もどうかよろしくお願い致します。

              | 1/1PAGES |

              オフシャルサイト

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM