F1 日本GP 結果

0
    私 「よっしゃぁーグー

    F1日本GP決勝レース。
    1時開始だったためにTV観戦はできなかったのですが
    ネットのニュース速報でハミルトンが優勝したことを知りました。びっくり

    結果は
    1位 ハミルトン  マクラーレン
    2位 コバライネン ルノー
    3位 ライコネン  フェラーリ
    4位 クルサード  レッドブル・ルノー
    5位 フィジケラ  ルノー

    となった模様です。




    レース内容
     F1第15戦日本GPは雨が降りしきる中、富士スピードウェイで67周の決勝レースが行われ、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)がトップチェッカーを受け、ポール・トゥ・ウィンで今季4勝目を挙げた。2位はヘイキ・コバライネン(ルノー)が入り初の表彰台獲得。3位はキミ・ライコネン(フェラーリ)となった。

     昨日に引き続き、朝から雨が降り続く富士スピードウェイ。天候は午後に入っても回復する気配はまるでなく、レースはエクストリームウェザータイヤ装着が限定された上での、セーフティーカースタートとなった。
     そして午後13時30分にセーフティカー先導のもとF1第15戦日本GPがスタート。しかし依然として視界は悪く、激しく水しぶきが上がるばかりで雨足はますます強くなっていった。するとセーフティカーランが長く続くと判断したフェラーリがいち早く動き出し、2周目にフェリペ・マッサ、その翌周にライコネンが1回目のピットストップを行い、十分な給油を済ませるという戦略を取っていった。

     セーフティーカーの先導は18周にも及び、残り49周のところでレースが始まるとトップ2のハミルトンとフェルナンド・アロンソが1.5kmのストレートを突っ走り、1コーナーを通過していく中、そのすぐ後方ではニック・ハイドフェルドが1コーナーでコントロールを失いジェンソン・バトンと接触。ハイドフェルドにはダメージはなかったものの、バトンはフロントウイングを完全に脱落させ、緊急ピットインでウイングの交換を強いられた。バトンは今季ベストグリット(6番手)からスタートし、5番手を走行していただけになんとも悔しいトラブルとなってしまった。

     その後も順調にレースをリードしていったマクラーレン勢の中で27周目にアロンソが1回目のピットイン。アロンソは11.9秒と長いピットストップで残りの周回に十分な燃料を給油してコースに戻っていく。そしてその翌周にはハミルトンも1回目のピットストップを済ませていく。

     レースが30周目に入ってのトップ8はセバスチャン・ベッテル、マーク・ウェーバー、ハミルトン、コバライネン、ロバート・クビカ、ジャンカルロ・フィジケラ、デイビッド・クルサード、アロンソというオーダーだが、この時点でピットストップを行っていたのはマクラーレンの2台のみ。当然他の上位陣がピットストップを行えばハミルトンとアロンソが再びトップ2に戻るということになる。しかし波乱はこの後に待ち構えていた。

     34周目に入り、1回目のピットストップを終え9番手を走行していたベッテルとアロンソが接触。これによりアロンソはマシンの右リヤ部分にダメージを受け、その後のペースに影響を及ぼしていくことに。対照的にベッテルはクビカやルノー勢らがピットストップする間にスルスルと順位を上げていき、その後3番手にまで順位を上げていった。そんな展開が繰り広げられていく中、41周目になんとアロンソがヘアピンでコントロールを失いまさかのクラッシュ! アロンソのマシンのリヤ部分は大破しパーツがコース上に散らばる。これにより今日2度目にのセーフティーカーラン。そしてアロンソは今季初のリタイアに終わり、日本GPでの獲得ポイントは“0点”。今シーズンは残り2戦と考えるとドライバーズタイトル獲得は少し厳しい状況となったしまった。

     そしてセーフティーカーランが続く中、ベッテルはまたしても接触を起こしてしまう。なんと2番手を走っていたマーク・ウェーバーとまさかの接触。これにより両マシンともにリタイア。レッドブル勢が揃って表彰台を獲得できるチャンスだけだっただけに、痛すぎるリタイアとなってしまった。
     50周目に入ってセーフティーカーが戻りレース再開。するとこの時点で5番手につけていたライコネンが、クルサードをオーバーテイクするなど好調な走りで3番手にまで順位をあげていき、2番手を走るコバライネンに約1秒と迫る。しかしハミルトンとの差は約10秒に拡がっており、レースの焦点はコバライネンとライコネンによる、フィンランド人同士の熾烈な2位争いに絞られていった。

     その一方、ハミルトンは最後まで貫禄すら感じさせる落ち着いた走りでレースをリード。そして無事67周を走り切り、この波乱のレースを制して今季4勝目を挙げた。これによりポイントも107点に伸ばし、アロンソとの差を12点に拡げルーキーイヤーにしてタイトル獲得という偉業に向け一歩前進。フィンランド人ドライバー対決はコバライネンが制し2位でフィニッシュし、F1で初の表彰台を獲得した。3位にはライコネン、以下4位クルサード、5位フィジケラ、6位マッサ、7位クビカ、8位にはビタントニオ・リウッツィが入り今季初ポイント。9位エイドリアン・スーティル、10位ルーベンス・バリチェロというトップ10だった。

     またスーパーアグリの佐藤琢磨はこの荒れたレースを15位でフィニッシュ。アンソニー・デイビッドソンは残念ながらリタイアとなった。そして山本左近は12位でレースを終えF1でのベストザルトをマークした。

     今シーズンも残り僅か2戦となりタイトル争いもいよいよ佳境へと突入。次戦は上海インターナショナルサーキットで行われる中国GP。注目のフリー走行1回目は10月5日の午前11時(日本時間)からスタートする。
    [オートスポーツWEBより 2007年9月30日]




    これで1位ハミルトンと2位アロンソのポイント差は12ポイントと開き
    ハミルトンの総合優勝に大きく近づきました。拍手
    新人ドライバーの総合優勝は史上初です。
    さらにアロンソが持っている総合優勝最年少記録(25歳で達成)も大きくぬりかえます。(ハミルトン22歳)

    早ければ次の中国GPでハミルトンの優勝が見れるかもしれません。
    私の「ワクワク」はその時が来るまで収まりません。ときめき




    F1 日本GP

    0
      最近「ワクワク」してたまりません。ラブ

      何が「ワクワク」かと言いますと、F1の日本グランプリが30日に開催されるのです。

      「なぁ〜んだ。」とがっかりしないで下さい。しょんぼり

      大のF1好きの私にとっては大イベントなのです。グッド

      日本GPと言えば鈴鹿が思い出されるところですが
      今年は富士スピードウェイで行われます。


      富士スピードウェイ

      今年はドライバーズポイントも大混戦。冷や汗
      1位のルイス・ハミルトンと2位のフェルナンド・アロンソが97ポイントと95ポイントで2ポイント差。
      同じマクラーレンで激しく競いあってます。
      さらに3位、4位がフェラーリのキミ・ライコネンとフェリペ・マッサ。
      84ポイント、77ポイントと肉薄しております。
      日本GPを入れても残り3戦。逆転優勝も充分可能です。

      富士で30年ぶりにF1が開催されること。
      上位4人のドライバーが大接戦を演じていること。の他にも
      私が「ワクワク」する理由があります。
      それは私が大のアイルトン・セナファンで
      その幻影をハミルトンにダブらせて応援しているからなのです。チョキ


      ルイス・ハミルトン

      ハミルトンは今年F1に挑戦したばかりの新人ドライバーでありながら
      すでに3回優勝しており、先程言った通り現在ドライバーズポイントで1位を死守しています。びっくり
      ルーキーイヤーにドライバーズポイント総合1位となれば前代未聞の快挙です。拍手
      その走りは、速さを求めたセナと安定感を求めたプロスト(セナと同時期に活躍した名ドライバー。)のちょうど中間ぐらいでしょうか。
      いずれにせよ天才です。拍手
      セナ亡き後に始めて出会った天才です。(あくまでも私の主観ですが)
      セナの後にも速いドライバーは沢山いました。
      デーモン・ヒル
      ミカ・ハッキネン
      ミハエル・シューマッハ
      そして現在同チームのフェルナンド・アロンソ。


      フェルナンド・アロンソ

      しかし私の中でセナと同じ匂いがしたのはルイス・ハミルトンただ一人です。
      取り巻く環境や状況も似ています。
      若手ドライバーだったセナがメキメキと頭格を表し、マイナーチームから名門のマクラーレンに移籍します。そこでファーストドライバーだったのがアラン・プロストです。同じチームメイト同士ながら熾烈な闘いが始まります。
      マクラーレンのファーストドライバーの座を懸けて
      追い抜こうとする者と追い抜かれまいとする者の0コンマ何秒の音速の闘い。飛行機
      中学生だった私はいつも「ワクワク」しながらF1中継を楽しみにしていました。ときめき
      その思いが現在になり
      新人のハミルトンと前年度チャンピオンアロンソの闘いとなって甦りました。
      それも同じマクラーレンでです。拍手

      F1の世界を知るきっかけを作ってくれたのがセナで
      私のセナへの想いは新人天才ドライバーハミルトンに受け継がれました。
      今私は一番熱くF1中継を観ていた頃に戻りつつあるのです。グッド




      F1日本グランプリまで後2日。
      今日の14時から始まったフリー走行では

      1位マクラーレン ハミルトン タイム1分18秒734 
      2位マクラーレン アロンソ  タイム1分18秒948 
      3位フェラーリ  マッサ   タイム1分19秒483 
      4位トヨタ    トゥルーリ タイム1分19秒711 
      5位フェラーリ  ライコネン タイム1分19秒714

      となったようです。
      明日は予選があり、明後日に本選となります。

      今から「ワクワク」が抑えられません。ラブ 









      アイルトン・セナ・ダ・シルバ
      ブラジル人
      活動年数 1984-1994
      血液型はB型。1988年、1990年、1991年の3度F1ワールド・チャンピオン。
      1994年サンマリノグランプリで、レース中に事故死。

      母国ブラジルにおいては、サッカー選手のペレ、ジーコの二人と並んで、特に偉大なブラジル人スポーツ選手の一人とみなされている。




      間仕切り工事

      0
        今日もカートダイハツ保原は何やらバタバタしております。



        ガガガガガガガガガガァ〜



        間仕切り工事をしていたのでした。パー

        カートダイハツ保原では一般整備の他にも板金塗装もやっております。
        工場の中に仕切りを設けないとパテの粉や塗装の吹きつけの際に飛散するミストが他の車に付いてしまうのです。

        今までも仕切りはあったのですが、徐々に一般整備の割合の方が高まり
        整備のスペースが足りなくなってきたので間仕切りの位置をずらして使い勝手を向上させるために工事をお願いしたのでした。チョキ

        それにしても、仕切りをほんの3メートル移動するだけで
        見た目が全然変わるものですね。ときめき
        凄く広くなった感じがします。(工場自体の面積は変わらないので、あくまでも気持ちの問題ですが・・・汗
        せっかく広く感じるようになったので
        これまでお世辞にもキレイとは呼べる代物ではなかった汗
        工場を整理していきたいと思います。

        工場に置きっぱなしになっている私のレーシングカートも
        撤去命令の対象になるかも・・・冷や汗




        体調不良

        0
          最近背中の痛みに悩まされています悲しい

          少し動くだけでも呼吸が出来なくなるぐらいです。

          異変はそれだけではなく、朝になると顔のムクミが酷く、とても疲れやすく、トイレが近いのです。


          最初は寝ている時に多少痛みを感じて起きるくらいで、日中は平気だったので気にしなかったのですが、徐々に悪化し、最近では一日中痛みを感じるようになり寝ていても痛みのあまり3〜4回起きるようになってしまいました。
          常に慢性的な寝不足の状態で思考能力も低下気味です。悲しい

          極度の病院嫌いの私でも我慢の限界を越え、診察に行ってきたのですが
          結果「異常なし」

          思い出すと昨年も今頃の季節に背中が痛み病院に行ったような気がします。しょんぼり
          詳しくは「腎臓が・・・」>>
          さらに「復活です」>>

          う〜ん!?私もコラムを読み返してみたのですが、まったく同じ症状です。
          デジャブのようだぁ〜

          よくムチ打ちになると毎年同じ季節に痛み出すと言いますが
          私は背中を打ちつけた記憶などありません。
          私の身体はどうなっているのでしょうか?

          う〜
          こんな痛みに負けないぞ!
          あの藤波辰巳だって腰の痛みからカムバックしたじゃないか汗
          「ネバーギブアップ」だぁ〜グー マニアックネタですいません






          カートダイハツの最新メンテナンス機器

          0
            ここ数日の間にカートダイハツ保原は多少のマイナーチェンジを試みております。チョキ
            まず一番最初にマイナーされたのが先日お伝えした電気工事です。
            お客様にはあまり関係が無いかも知れませんが、私達にとっては大きな変化となりました。拍手
            今までどうしてもお客様重視でお客様に見えるサービスの改良を優先させてきましたが、いざ電気工事が終わってみると大変便利なことに気が付きました。バランス良く成長していく事が重要なのですね。

            次にマイナーされるのは整備機器です。
            カートダイハツ保原では安心して車を任せていただくために常に最新の整備機器を揃えていく方針です。パー
            自動車は年々進化して行きます。
            その進化について行くには経験にのみ頼りっきりの整備では対応しきれなくなっております。
            重要なのは、経験+最新整備機器+情報量 
            それらをバランス良く追求することにより一段上のメンテナンスを提供できるのだと思います。

            今回、最新の整備機器として導入したのがこちらdown


            ATFチェンジャーです。
            しかも、ただオイルを交換するだけのものではありません。
            ATF(オートマチックフルード)の劣化具合をコンピューターで診断し
            光と音声で教えてくれる機能が付いている優れものなのです。拍手

            「えっ!それって今までも同じ機械がカートダイハツにはあったんじゃないの?

            と気が付いた方はかなりのカートダイハツマニアな方です。グッド

            今回はリニューアルして、さらにプリンター機能が付いているのです。



            プリンター機能無しのタイプが今までも活躍してきたのですが、
            プリンター機能があるものが販売しているという情報が入り
            どうしても欲しくなってしまいました。ときめき

            それは何故か・・・
            12ヶ月点検や車検ではATFの劣化具合は点検項目に入りません。
            なので基本的に自動車のオイル交換(エンジンオイルやATF、デフオイル)はお客様が管理して交換しなければいけません。
            しかし多くの方はエンジンオイルは管理できてもATFまでは管理できません。
            ATF交換を怠ることによりミッションが故障し、多額の修理費用がかかる原因になっているのです。ショック

            ATFは通常2〜3万キロ走行が交換の目安となります。
            しかし実際はメーカーによりオイルの劣化速度は変わってきます。
            私達プロでも目測による点検では限界があり、走行距離を目安に交換を勧めても、実はまだ劣化していなかったりするのです。しょんぼり

            そんな時こそコンピューターに頼る事が重要なのです。グッド
            この機械はコンピューターがオイルの劣化具合を正確に判断してくれます。
            その正確さはカートダイハツでも何回も測定してきているので折り紙つきです。
            今までも当店で車検を受けていただいたお客様のATFは、点検項目には入っていませんが全て無料で診断させていただいてます。
            突然のトラブルを極力防いであげるのがプロの務めです。

            今までは診断結果を口頭で伝えていたのですが
            これからはプリンターに印刷してお客様にお渡しできます。
            そのリアリティーは今までとは雲泥の差になると思います。拍手

            交換をする、しないはお客様の自由です。
            その判断する材料を一つでも多く発信してあげる事がプロの責務です。

            そういった意味でこのATFチェンジャーは当店にかかせない
            メンテナンス機器の一つになってくれると思います。拍手



            電気工事

            0
              今日のカートダイハツ保原は何やらバタバタしております。



              と言うのも電気の工事をしていたからなのでした。
              前々からコンセントの数が少なく、タコ足コンセントを多用して
              何とかごまかして来たのですがそろそろ限界です。しょんぼり
              あまりタコ足に頼ると火事の原因にもなりますので
              この際だから必要以上にコンセントを付けるようにしました。チョキ

              何処にいても電気が取れるぜグッド

              それが自慢です。
              整備の作業効率も上がるでしょう。チョキ



              それにしてもプロは手際がいいです。
              躊躇することも無く壁に穴を開けていきます。

              私 「あっあっ・・・そこは・・・びっくり

              貧乏性の私はハラハラしてしまいますが、
              出来上がるとちゃんとキレイに仕上がりました。
              やはりどんな職種でもその道のプロに任せれば安心なのですね拍手

              そして今回お願いしている電気会社の社長さんは
              私が小さい時から知っている方なのです。楽しい
              なので私が呼ばれる時も昔のまま
              「しんちゃん!ちょっといいかなぁ〜」

              嬉しいようなちょっと恥ずかしいような・・・
              でも何でもそうだと思いますが、信頼できる方にお願いするのが一番いいのです。拍手

              暑い中大変ですが、よろしくお願いします。楽しい

              会議

              0
                会議中です。



                皆難しい顔で何を話しているのでしょうか?

                岡崎 「景気の向上にはまず地域の格差を無くすところから始めないと。」

                高橋 「いやまず雇用の促進から手を打つべきなのではないでしょうか。」









                               






                                     うそです。すいません。汗



                本当は・・・



                これチョコレートなんです。
                店頭にご来店いただいたお客様にお出しするお菓子を会議で試食していたのでした。
                ダイハツでは「カフェプロジェクト」なるものが進行中なのですが
                決められたお菓子をそのまま出すのは何か面白くありません。(私はへそ曲がり悲しい
                さらに女性のお客様にも人気があり、個性のあるお菓子でおもてなしをしたいと思い(けしてダイハツのお菓子が人気が無いという話ではありません汗ダイハツのお菓子も高級で本当に美味しいお菓子です。)以前から調査しておりました。





                なのでさっきの会話も・・・




                岡崎 「これメリーのチョコレートで女性には有名なんですよぉ〜うふふふハート

                高橋 「へぇ〜オラは明治の板チョコが一番旨く感じるけどなぁ〜しょんぼり


                が、本当の会話でした。(笑)


                皆でムシャムシャ試食をしましたが、どれがおいしいのか分かりません。
                高橋ではないのですが私も普通のチョコが一番おいしいような気がします。
                ちなみに私は「たけのこの里」がお気に入りハート

                普段食べなれていない高級チョコはどうも味が分かりません。
                岡崎さんに「社長はそういう事は何も分からないんですねぇ〜うふふふふハート」と言われてしまいました。冷や汗
                う〜ん!?やはり女性の心を掴むのは難しい汗

                皆さんの中でこの疎いわたくしにアドバイスをいただける方はいらっしゃらないでしょうか?悲しい



                9月のイベント

                0

                  イベント開催日2007年9月22、23、24日


                  --------イベントチェック--------------------------------------------------------------
                  8月のイベントで好評をいただきました100周年アニバーサリー企画の
                  第2弾が開催されます。桜
                  今回はお待ちかねのメンテナンスサービスイベントも
                  同時開催でさらにパワーアップ!
                  車販ではムーヴ・ムーヴカスタム・ミラの他にもエッセ・テリオスキッド・コペンまで「メモリアルエディション」が増殖ニョロ
                  スピード重視のカートダイハツ保原では早速特別限定車をご用意して10万円の値引きを実現!
                  さらに先着30名様にご来店記念品をプレゼント拍手
                  見逃せませんおてんき

                  -----------------------------------------------------------------------------------------




                  特別限定車



                  お買い得車




                  down down down down down down down down メンテナンス down down down down down down down down






                  NEW防錆ペイント





                  ご来場記念



                  宝物

                  0
                    皆さんは宝物と言える物をお持ちでしょうか?

                    私の宝物は常に左腕に巻かれております。

                    基本的に私はあまり装飾品を身体に身に付けるのを好みません。

                    特に腕時計は常に時間を管理されているようで好きにはなれませんでした。

                    しかし私の宝物は今も左腕に巻かれている腕時計なのです。



                    私がカートダイハツ保原をオープンさせる直前。
                    開業の準備に追われて奔走していた時に中学校時代からの友人から1本の電話が鳴りました。
                    その頃の私はとにかくオープンに間に合わせるべく睡眠もろくに取らないで動き回ってました。
                    1日の平均睡眠時間は2時間くらいだったと思います。
                    そんな生活がオープンしてからも続き合計すると1年間はそんな状態だったと思います。
                    今思い返すとよく身体がもったなぁ〜と感心してしまいます。
                    しかし忙しすぎてその当時の記憶が私の中からポッカリ失ってしまいました。
                    何をどうやって過ごしたのか全然思い出せません。
                    話しが脱線してしまいましたが、それ程オープン間際は忙しく私の心も徐々に荒んでいった時期でした。

                    友人からの電話は飲み会の誘いでした。
                    飲み会に出席する余裕など一切無かった私は断ろうかと思ったのですが
                    友人からどうしても来て欲しいと懇願され半ば強制的に参加することになりました。
                    飲み会には中学校から付き合いのある友人を中心に7人集まっていて
                    私が参加した時にはかなり賑わっていました。
                    いつもの私ならすぐに場の雰囲気に馴染み盛り上がっていくのですが
                    その時はそんな心の余裕などなく、一人でローテンション。
                    友人には申し訳ありませんがもう帰りたい気持ちしかありませんでした。


                    友人達とはもう15年以上の付き合いです。そんな私の様子に気が付かない訳がありません。
                    それどころか、ここ最近の私は心のゆとりがもてなくなりイライラする事が多くなっている事すらもお見通しでした。


                    友人A 「ほらよぉ〜ここんとこ眉間にシワよせておっかねぇ〜から、ちぃ〜とでも気分転換しなけりゃオープンしてから身体もたねぇ〜べと思ってよぉグッド

                    友人B 「しかし寺はたいしたもんだ拍手よくここまで頑張ったな楽しい

                    友人C 「応援すっから!だいじょぶだぁ〜何とかなっからグッド


                    友人達は私が多忙のために忘れそうになっていた大切なものを伝えるために集まってくれたのでした。

                    自分は一人じゃない。
                    仲間に支えられて生きているんだ。


                    多忙と睡眠不足の他にも
                    今だかつて経験した事の無いほどの大きな大きな
                    責任という2文字が背中に重く圧し掛かって潰れそうになっていたのでしょう・・・
                    私はいつの間にか自分を見失って、一人相撲を取っていたのです。





                    友人 「ほんでさ、みんなで出し合って買ってきたんだけど・・・まあプレゼントなんて言うほどのモンじゃねぇ〜けど、貰ってくれよ。」


                    それが私の左腕に巻かれている腕時計です。
                    何でも、時間にルーズな私が社長としてやっていくには腕時計が必要だと満場一致で決まったそうです。

                    あれから時を刻み続けている私の腕時計。
                    2年と9ヶ月経ちました。
                    文字の部分が剥げてきて多少年季が入ってきましたが
                    腕時計を見るたびに人間関係の大切さに気が付き
                    一人よがりになっていないか考えます。

                    自分は一人じゃない。
                    仲間に支えられて生きているんだ。


                    大切なことを気が付かせてくれる腕時計は
                    今も私の左腕に巻かれています。

                    これが私の宝物です。


                    成長の過程でのカートダイハツ保原の総括

                    0
                      最近カートダイハツ保原を見学に来られる経営者の方が増えてきました。
                      新しい形のカーディーラーを目指し
                      小さな努力を積み重ねてきた結果なのでしょうか?



                      [10対1の法則]
                      お客様の心に響くサービスを提供するには
                      陰の部分で10倍の努力が必要です。
                      逆に言えば10の努力でやっと1伝わるのだと思います。

                      これは自分でお店を経営している人なら誰しもが実感していることだと思います。なので、経営者は他の店の10の努力を見抜く力(想像する力)も持っています。


                      カートダイハツ保原に見学に来られるのも
                      一般のお客様に1伝わるうちに、ウワサなどで5にも6にも伝わっているからなのだと思います。
                      きっと自分の店にも何か活かせることがないか
                      常にアンテナを立てていらっしゃるのでしょう。
                      一般のお客様よりアンテナを立てた経営者の方の方がそういった情報が早いのだと思います。

                      見学に来られる方が増えたからといって、カートダイハツ保原が他店に比べて勝っているとか、全てのお客様の満足に100%繋がっているかといえばそうとは言い切れません。
                      もしかすると1すらも伝わらないお客様もいらっしゃるかも知れません。
                      そこは様々なお客様がいらっしゃいますから、全ての方に満足していただくことは不可能なのだと思います。
                      いかに伝わりにくくても、いかに様々なお客様がいらっしゃっても、
                      当店なりの10倍の努力を継続していくことによりいつしか2や3と感じていただけたならそれで良いのだと思います。
                      そして様々なお客様のうち1人、2人、3人・・とカートダイハツ保原を愛してくれるお客様が増えていただければそれに勝るものはありません。



                      [温か味と相反するマニュアル化]
                      もし、カートダイハツ保原が様々な経営者のアンテナに引っ掛かっているとしたら
                      これほど嬉しい事もありません。
                      しかしそれと同じくして恥ずかしい気持ちも多々あります。
                      それはカートダイハツ保原はまだまだ発展途上の会社だからです。
                      私の中ではまだ自身を持ってお見せできる会社にはなっておりません。
                      本当に沢山ある自動車販売店の中で当店がアピールしたいもの、
                      これだけは負けたくないもの・・・
                      それはやはり親しみやすさであり、お客様の立場に立ったサービスであり、人とのつながりのような温か味を感じさせる、言葉ではちょっと言い表し難い部分なのだと思います。

                      そしてその部分は会社が大きくなるに連れて薄れていきやすいものなのだとも思います。
                      会社が大きくなる過程では必ずマニュアル化しなければならない部分が出てきますし、システム化されなければ組織が正常に動かなくなる場合もあります。
                      「温か味」を残しながらシステム化することが出来れば一番理想なのですが
                      今現在、試行錯誤の真っ只中。
                      お見せできる会社ではないと言ったのもそのためです。

                      しかしけして理想から逃れたくない私はカートダイハツ保原らしさを最優先に努力していこうと思っています。
                      そのためにもこれからは私の方から足を運び様々な販売店から勉強させていただきたいと思います。

                      [これからのカートダイハツ保原]
                      もう少しでオープンしてから3年の月日が流れます。
                      「石の上にも3年」ではないのですが
                      ようやくここに来てカートダイハツ保原の個性が浸透されてきたのかな?と思い始めてきました。
                      これまで長かったような短かったような複雑な気持ちです。
                      当初はこのコラムにせよ、ニュースレターにせよ賛否両論あった訳で逆風を感じさせるようなプレッシャーもありました。
                      しかし地道にコツコツと続けてきた結果、それは強力な個性となり、その個性は賛同していただける仲間を呼び寄せてくれました。
                      自分を最後まで信じられるのもまた自分なのですね。

                      しかしここで甘えが生じて守りに入れば、その先はありません。
                      カートダイハツ保原を気に入っていただいたお客様にも応援していただいている仲間にも失礼だと思います。
                      この3年間で培ってきた基準を一度破壊する必要があるのかも知れません。




                      次のステップに上るために・・・
                      すでにカートダイハツ保原は動いております。


                                               カートダイハツ保原
                                                  寺島 しんのすけ











                      | 1/1PAGES |

                      オフシャルサイト

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM