冬季休暇のお知らせ

0
    今年もカートダイハツ保原をご利用いただきまして有難うございました。


    当店では

    12月29日〜1月2日までを冬季休暇とさせていただきます。

    何かとご不便をおかけしますがご了承お願い致します。

    新年1月3日からは毎年恒例の初売りを開催致します。

    今年の初売りは1月8日までの超ロングランの日程となっております。

    「お客様第一主義」のカートダイハツ保原を来年もよろしくお願い致します。

    今年を振返り・・・

    0
      今年のカートダイハツの営業は今日までとなっております。

      今年も1年間があっという間に過ぎ去ってしまいました。

      ある取引先の方にこんな質問を投げかけられました。

      「社長にとってこの1年はどんな年でしたか?


      私は答えに困りました。

      どんな1年だったのだろう・・・

      一日一日をこなして行くのに必死で振返る暇などありませんでした。

      今年一番変った出来事はやはりこのブログを始めた事でしょうか。

      2年前までパソコンを触ったこともなかった私が今では普通にブログを更新しております。
      これは私の中では革命でした。
      何より表現する場が一つ増えた事は私にとって価値ある出来事の一つです。

      あとは今年もまた素晴らしい出会いと悲しい別れにより
      人間的に成長させていただきました。

      人生なので良い時もあれば悪い時もあるのは当然でいかに人間らしく生きられたのかが分岐点になるのでしょうか・・・

      だとすれば、人間らしくかは分かりませんが、人間味を出しながら生活出来たので良い一年だったのかもしれません。

      来年もその日その日を一生懸命にこなしたいと思っています。

      来年が皆さんにとって良い1年になれるように心からお祈り申し上げます。

      硫黄島からの手紙

      0
        観たくて観たくてたまらなかった映画。

        「父親達の星条旗」 
        「硫黄島からの手紙」



        このコラムでも早くから取り上げてはいたのですが、
        なかなか時間が作れずに時が過ぎていきました。


        この映画は2部作で、太平洋戦争中の硫黄島での戦闘を
        アメリカ・日本の両方の視点から作られております。


        先に上映が開始されていた「父親達の星条旗」はこの際DVDレンタル
        で我慢して、
        日本からの視点で撮影された「硫黄島からの手紙」だけでもと思い
        先日行って来ました。


        ワーナーマイカル


        私はこの映画館の神秘的な雰囲気、かもし出す非日常的な空間が大好きです。


        この空間に紛れ込めるだけで半ば満足してしまうのです。


        マッド・デイモンから睨まれる私。




        公開中の映画のために詳しい感想は控えさせていただきますが

        改めて戦争の恐さとこの当時の日本人の精神力の強さと祖国に対する想いの深さに感服しました。

        最近の若い方の中にはアメリカと日本が戦争をしたと言う事を知らない方
        もいると聞きます。

        ぜひこの映画を観て何かを感じていただきたいと思います。

        現在の私達は過去の多大な犠牲の上に成り立っています。

        喜ぶ時も、怒る時も、悲しむ時も、楽しむ時も
        けしてその事を忘れてはいけないのだと思います。

        現在の平和な日本をしっかりと実感し、
        過去に犠牲になった先人に感謝の気持ちを忘れずに
        これから先も平和に暮らせるように願ったのでした。





        選べる限定車新発売

        0
          2007年、カートダイハツ保原は新たなる進化を遂げます!



          最低限必要な付属品を新車に付けて

                     10万円以上の値引きを実現!


          と言うキャッチコピーで大好評をいただいている限定車。

          最近では遠方からの問い合わせも多く、当店の新車販売台数の約半分を占めております。



          しかし、現状に満足する事なく常にお客様のニーズを追及していく事をモットーとする当店は


          従来の「カートダイハツオリジナル特別限定車」を更にパワーアップさせる事を試みましたグッド


          その結果、限定車を用途に合わせて種類を増やし
          お客様の好みに合わせて選べるようになりました。









          まずはムーヴカスタム用に3バージョンの発売となります。

          1月3日の初売りから先着10名様までの先着順となりますので
          お見逃しのないようにお願い致します。




          1月のイベント

          0
            2007年 1月3日〜8日



            カートダイハツ保原は1月の3日から営業させていただきます。

            例年好評をいただいている、新春初売りを3日〜8日の6日間
            ぶっ通しで開催いたします。

            今回の目玉は、進化した

            「選べる!カートダイハツオリジナル特別限定車」

            タイヤが欲しい方、音楽を聞きたい方、ナビが欲しい方

            お好みの限定車をお選びいただけます。









            選べる限定車はムーヴカスタムのみの販売となります。

            その他のダイハツ車はスノーバージョンとなっております。

            対象車種は・・・

            エッセ・タント・ムーヴ・ソニカ・・・etc

            人気どころはほぼ限定車の対象となっておりますので
            詳細をぜひ店頭にてお確かめ下さい。




            そして何とこれだけではありませんびっくり


            「究極初売り伝説」の名に相応しい内容となっております。

            ただし限定車での販売は10台限りとなっておりますので
            早めのご来店をお願い致します。




            新型ミラ・ミラカスタム発表展示会。


            ミラが新しくなりました。

            従来のミラに比べて室内が広々。
            装備も充実しております。
            今回ショールームの中に新型ミラを展示しますので
            ぜひ実際のご自分の目で確かめて下さい。




            さらに新商品誕生!

            新古車を諸費用までコミコミのワンプライスでご奉仕びっくり

            ※色はシーブルーとなります。

            1台のみの販売となりますので売り切れの際はご容赦下さい。
            上記は乗り出し価格となっております。
            伊達市内在中の方に限らせていただきます。
            オーディオレス車のためにオーデイオをご希望される場合、別途料金とさせていただきます。


            そして今回もサービスイベントをご用意しております。


            今回は6日の日限定で保険のプロが
            保険相談所を設けさせていただきます。

            分かり難い保険の内容を親切に分かりやすくご説明致します。
            マメに見直しをしていなかったために、無駄な保険料を支払ってはいないでしょうか?
            反対にその保険の内容で安心してお乗りいただけるのでしょうか?

            任意保険は大抵の方が入られてはいるのですが、
            案外自分の保険内容が良く分かっていなかったり、忘れていたり、勘違いされて憶えていたり・・・と言う事が多いようです。

            事故が起きてからでは取り返しのつかない事も多々あります。
            ぜひ、この機会に自分の保険の事を知って下さい。
            今加入されている保険の証券をお持ちいただくだけで、色々な発見があると思います。



            2007年、1発目のイベントは今までと比べても
                                 超盛り沢山です拍手


                   「究極初売り伝説祭」
                         
            ぜひご来店下さい。            


            ワタクシ的忘年会論

            0
              いよいよ今年もあと残りわずかとなってきました。パー

              年末と言えば忘年会のシーズンです。拍手

              カートダイハツでも28日の最終営業日の夜に忘年会を企画しております。グッド

              当店の忘年会は、スタッフと取引先の方達が数名という小規模な形で考えております。


              しかし、その取引先の方達は私が選りすぐって選ばさせていただいた、本当に大切な方達ばかりです。ときめき

              カートダイハツに共感し、カートダイハツに協力していただき、
              カートダイハツのお客様を必死にサポートしてくれる仲間達です。拍手

              今年1年間本当に良くしてくれました。
              その感謝の気持ちからのご招待です。グッド






              今年を振返ると本当に異常な1年でした。しょんぼり

              「いざなぎ景気を超えた!

              「過去最高の利益を計上!

              新聞の見出しに踊る文字とは裏腹に

              ニートの増大。
              高齢者が空き缶を拾いそれをお金に換えて生活する社会。


              こんな社会が真っ当だとは誰も思わないでしょう。しょんぼり

              社会の格差がどんどん開いて行きます。冷や汗

              まだここまで問題視される以前に私はこのコラムでお話させていただいた事があります。

              「このままアメリカ追従の社会を目指せばいずれは一部の人間が巨万の富を得る事ができ、逆に大半の一般の人達は貧困層に押し下げられ、貧富の差が浮き彫りとなるでしょう・・・」

              詳しくはこちらをご参照下さい。

              身近なところから今の社会について思う事 後編>>

              経営論>>



              こんな世の中になってしまう事は数年前から予見していました。パー

              その当時に小泉首相が推し進めた構造改革とは
              即ち絶対資本主義であるアメリカの真似事で、それがこの日本の風土に合っているとは限りませんし、
              アメリカの現状を見れば分かる通り、貧富の差が拡大し、それにより凶悪な犯罪も増加しております。ショック

              真っ当な経営者なら現在の政治から、この先にやってくるであろう
              社会を予測し、対策を練らなければならないのです。パー


              マスコミもマスコミです。
              小泉首相が総理大臣任期中は、そのパフォーマンスを大きく取り上げて
              部数を稼ぎ、実際の政治の内容は二の次三の次・・・

              任期が終わり次第、格差の問題を大きく取り上げ始めました。しょんぼり

              今の格差は正しく小泉首相の政治の賜物であり、
              本当はマスコミはそれをいち早く察知し国民に知らせなければなりません。怒り


              「部数が伸びればいい」

              「視聴率が取れればいい」

              「儲かればいい」

              それこそが拝金主義であるアメリカ絶対資本主義なのでしょう。悲しい

              そう言えば日本には悪を正す「ジャーナリズム」に代わる言葉が存在していないのに気が付きました。びっくり







              忘年会・・・

              それは戦後の高度成長時代から本格的に日本に根付いたシステムのようです。拍手

              日本独自である終身雇用制は
              社員同士が長い年月をかけてコミュニケーションをとる事により
              仲間意識が強くなり、さらに一つの家族のような連帯感をも生み出しました。ときめき
              しかし会社に居続ける事により、不満も蓄積されるので年に1回の忘年会で
              さらけ出し、コミュニケーションを深める事により
              また翌年も仲間と一緒に頑張ろうという気持ちになってもらうために
              生み出されたもののようです。拍手



              「今日は、無礼講だぁ〜!と会社の上司が言い放ち

              部下がこれ見よがしに、上司を手玉に取っていく・・・

              こんなシーンが頭を過ぎりますが、

              正にこの姿こそが日本人の健全な社会のような気がして止みません。




              一部の大企業が「過去最高の利益を計上」している裏側では
              高齢の社員をリストラし、賃金を安く絞り上げても働くしか生計を立てられない貧困層の労働者を雇用した結果であり、
              就職率が上がり、景気を良く見せかけているのもそのためです。びっくり
              しかし実際は大多数の国民が貧困層に押し下げられる悲しい社会悲しい
              そして人間の心と日本人としての義理と人情を忘れる事ができた一部の人間だけが裕福になる社会悲しい


              日本人が日本の風土に合わせて開発した
              終身雇用制は崩壊の一途を辿っています。悲しい




              社員が高齢となり、若い頃のように働けない。
              しかも賃金が割高だ。という理由で
              簡単にリストラする世の中にはたして若者は夢など持てるのでしょうか?

              急増する若者のニート化と
              空き缶を拾い生計を立てる高齢者の問題はこんなところからやってくるのではないのでしょうか?


              社員を人間とも思わない会社では
              日本独自の文化である忘年会などやって欲しくはありません。パー
              そもそもコストカットしか考えない会社は無駄な経費となる忘年会など
              開くつもりも無いのかも知れませんが・・・









              今年もカートダイハツの忘年会は
              仲間のような取引先の方々と家族のような社員によって
              少人数で、熱く熱く行われる予定です。ときめき

              今年もまた私は「無礼講」にし、
              お酒を皆に注ぎながら日頃の不満の捌け口になれるように努力するつもりですチョキ

              社長コラム100回目達成記念 第3弾

              0
                実は何回もコラムを書いている中には

                ボツとなり日の目をみなかった話しが多々あります。

                私の管理者ページにはそんなボツの話が大量に保管されているのです。

                今回はその話の中から一つ選び出し、多少編集をしたものを公開したいと
                思います。

                編集をして多少は公の目に耐えられる文章にはなったかも知れませんが
                あくまでもボツなので、これから先は見たい方だけ御進みいただければ
                幸いです。


                --------------------------------------------------------------




                投稿日 2006年9月23日

                タイトル 自己紹介



                --------------------------------------------------------





                私 「ぐあぁぁぁぁ〜ショック
                大きな叫び声が社内に響き渡っています。

                そこに偶然現れた福島ダイハツのF川さん・・・

                F川さん  「どぉ〜も〜!お世話様でぇ〜す!


                頭を抱えながら悶絶している私を見て・・・


                F川さん  「どぉ〜したんですか社長?















                私 「脳天を蚊に刺されたぁ〜ショック

                痛みと痒みに苦しむ私汗


                F川さん 「ははははははあ〜汗

                しょうがねぇ〜なこの人は!と顔に書いてあります。


                私 「威厳のない社長ですいません悲しい




                私の名前は、寺島 しんのすけ と言います。
                ワタクシ、寺島しんのすけは、いったいどんな人物なのでしょうか?
                自分の事なので何処まで忠実に話せるかは分かりませんが、今回はそこがテーマです拍手




                私の両親は、私が幼い頃にカーショップを経営していました。

                物心つく前から両親の背中を見てきた私は、
                自動車業界を知らず知らずに体感し必然的にその道を目指すようになります。嬉しい

                ただ、あまりにも車というものが近くにあり過ぎて、生活の一部となっていたので、純粋に「車好き」「車マニア」にはなりませんでした。
                それは、今現在もそうだと思います。

                反対に会社の経営には興味を持っていたように思います。チョキ
                通常の人が独立する場合、大変な勇気が必要だと思いますが
                私の場合は、幼い頃から慣れ親しんだ土壌であり、
                決断さえすれば、それほど抵抗はありませんでした。パー

                高校を卒業すると自動車の専門学校に進学します。
                初めて自動車の仕組みを知り興奮したのを覚えています。ときめき
                自動車は一般の人では計り知れないような高度な技術で動いている
                ものだと思っていたのが、理解するにつれて意外にシンプルな構造なのだと
                分かりました。びっくり

                より快適にするために、シンプルな構造にプラスしてハイテクノロジーな
                機能を装備し続けているのが、今の自動車だと思います。嬉しい


                この頃からいずれはこの業界で、自分の力を試したいと思うようになって
                行きました。グッド
                免許を取って間もなくで、車を運転するだけで楽しかった時期でした。自動車

                専門学校を卒業した後に入社したのが三菱自動車のディーラーです。拍手
                本社に配属されたので、整備の入庫台数が半端なものではなく
                毎日毎日油まみれになりながら車の修理をこなしました。
                ここで私はカーディーラーの素晴らしい部分と
                「もっとこうしたい!という具体的な考えが備わるようになりました。グッド

                今現在実践しているアイディアはこの時と、その後カーディテイリングの分野に入って行く事になるのですが、その時に温めていたものが大半を占めています。パー


                余談ですが・・・

                私は頭が良い方ではありません。悲しい
                特に学生の頃に勉強をしてこなかったので、今になって恥ずかしい思いをする事が多々あります。悲しい
                反対に社会に出てから必要を感じ、現在は必死に勉強しております。汗
                しかし後悔はしておりません。パー
                遊びの中からしか学べない事も沢山あるように思います。グッド
                そこで学んだ事は私の人格を形成する上で掛け替えのない財産となりました。拍手

                今現在、若い頃のように遊びたいか?と聞かれると
                そうは思いません。しょんぼり
                たぶん今は仕事に夢中なのですときめき
                ここまで仕事に没頭するとは、昔の私は想像もしないでしょう。
                辛い事や大変な事は沢山ありますが
                基本的に人から頼りにされたり、何かを創り上げていく事が好きなのでしょう。
                最近気がつきました。グッド



                ちなみに・・・


                カートダイハツの「カート」はスペル表記すると

                CARART

                と書きます。

                CAR(車)・ART(芸術)で、自動車に係わる全ては芸術なのだという意味でつけました。グッド
                整備、販売、板金、カーフィルム、コーティング、店舗の見せ方から
                お客様への説明など、追求していった時にそれは芸術の域まで達する事ができ、
                それを忘れてはいけないという自分への戒めも兼ねております。



                カートダイハツをOPENした経緯については
                今後機会があれば話したいと思います。パー














                私 「うぅぅぅぅショック頭が痛痒いよぉショック



                F川さん 「大丈夫ですか?とりあえず飯でも行きますか?


                私 「うん悲しい




                近くの食堂で・・・


                突如私は頭の痛みなど忘れ、
                今の自動車業界、今後のカートダイハツの展開をF川さんに
                マシンガンのように語りました。
                何を食べているかも分からないぐらい熱中し、時間も忘れ、ただひたすら
                語りました。

                「自動車業界は今後こうあるべきだぶー
                「カーディーラーとして社会に貢献出来る事とは・・ぶー
                「カートダイハツの大義とは・・ぶー
                「私の責任とは・・ぶー


                私は稀にこんな状態に陥ります。
                ゾーンに入ってしまうのです。
                それもこれも、カートダイハツが好きで、この業界が好きだからなのでしょう。
                そしてF川さんなら真摯に受け止めた上で自分の考えをぶつけてきてくれるのを知っているからでしょう・・・

                一人の男が命がけで何かを達成させようとする時、
                それは狂気にも近い情熱となり、周囲の人にも波及し
                やがて伝染して行きます。

                F川さんもいつの間にか熱を帯びてきました。
                「情熱は伝染する」

                一生懸命で熱い人が、私は好きです。ときめき
                議論のぶつけ合いは昼休みの時間を大幅に超え、
                良い話し合いが出来た事に満足しながら・・・


                私 「どうですか?蚊に頭を刺されているだけの男じゃないでしょ?



                F川さんはバカウケしながら・・・

                F川さん 「いやぁ〜社長は凄いですよ!そこまで考えてしかも実践する人はなかなか居ませんよグッド



                食堂の帰り道にコーヒーを買うのが私達2人の掟です。

                たばこ屋でコーヒーを買って帰ろうとすると、偶然にもアイスクリームを発見してしまった私。びっくり


                私 「F川さん!おれぇ〜アイス食べたいポッ


                F川さん 「はぁ?  別に食べたらいいじゃないですか汗

                しょうがねぇ〜なこの人は!と顔に書いてあります。悲しい


                ジャイアントコーンを食べながらご満悦の私。ときめき

                しかし突然肩を落とし・・・


                私 「F川さん。私はどんな人間なのだろう・・・しょんぼり
                  真面目な話しをしていたかと思えばアイスぐらいで喜んで悲しい
                  これって二重人格なのかなぁ・・・しょんぼり



                真面目な時と気が抜けている時の格差が激しすぎる私は
                本当に病気なのかも知れません。悲しい



                F川さん 「何いってんっすか!そこが社長のいいところじゃないですかぁ〜グッド






                私 「リアリー?(本当に?)」








                自分でも訳の分からない性格ですが

                     情熱なら人一倍もっている自負があります。

                これからも唯一の長所!?を最大限の武器に

                     頑張って行こうと心に誓うのでした。チョキ  



                ---------------------------------------------------------

                ボツになった理由  文章が長すぎ、意味が分かりづらい
                          

                最後までお読みいただき本当に有難うございます。

                社長コラム100回目達成記念 第2弾

                0
                  さてブログをされている方なら知っていると思うのですが、

                  管理者はそのページの訪問人数が分かるようになっています。パー

                  それによりその回の話しが人気があるのか、無いのか把握する事が出来ます。嬉しい

                  もちろんどんな方が見ていただいているのかは分かりませんし、大体の目安でしかないのですが・・・

                  今までで、一番訪問者数が多かった話しは

                  密談>>

                  で一日のアクセスが300弱くらいありました。びっくり

                  私と会計士のMさんが、とあるバーで大人の会話をした話しです。グッド

                  何故人気があったのかはよく分かりません。汗

                  私はMさんのダンディズムのお陰だと思っているのですが・・・



                  私の中で文章が上手くまとまり、自己満足した話しは・・・

                  何気ない日常 パート2>>
                  です。

                  3部作で読むのには大変なのですが、起承転結がはっきり色分けできたので
                  分かりやすくお話しできたのではないかと思います。楽しい
                  クウさんの写真も良く撮れたと思います。グッド


                  実際にお客様から「面白い」と言って頂いた中で一番多かったのは

                  私と母のやり取りでしょうか。ポッ

                  仲が良いのか悪いのか・・・

                  たぶん悪いのだと思います。しょんぼり

                  これからも母の私に対する悪行をこの場で紹介する事によって
                  ストレスを発散させようと思っています。チョキ





                  簡単ではありますが、今までのコラムを振返らせていただきました。

                  くだらない話しや、訳の分からない理論にお付き合いいただいて
                  本当に感謝しております。悲しい

                  これからも地道に更新して行きたいと思っておりますので
                  末永くお付き合い下さい。楽しい

                  社長コラム100回目達成記念 第1弾

                  0
                    桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜


                    この社長コラムがお陰様をもちまして今回で

                    100回目を迎える事ができました
                    拍手


                    桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜


                    未だに信じられません悲しい

                    積み重ねられたコラムをスクロールして最初にたどり着こうとすると
                    どんなに大変か分かりません!

                    振返って最初の方のコラムを読み返してみると短い文章に驚きます。びっくり

                    現在のコラムに比べて完結に自分の気持ちを訴えております。しょんぼり

                    (日増しに文章力が低下しているのかも・・・しょんぼり


                    私にとってはコラムの一話一話に深い思い入れがあります。グッド

                    その時々の感情や考えをなるべく素直に掲載してきたので読み返すと
                    その当時の出来事が鮮明に甦ってきます。ときめき

                    しかし素直にとは言ってもやはり話せる内容とそうでないものとは区別しなければなりません。パー
                    実はひどく落ち込んだ状態で面白い話しを載せた時もありました。ショック

                    文章とは恐いもので、その時は分からなくてもうっすらと滲み出てしまっている場合があります。冷や汗

                    それも今に至っては良い思いでとなり、そのままの形で掲載されております。楽しい





                    さてワタクシ的に思い入れの深いコラムはと言うと・・・

                    愛煙歌>>が浮びます。楽しい

                    私は今までの人生の中で詩を書いた事など一度もありませんでした。汗
                    何故このような文面になったのか未だに自分でも分からないのですが
                    詩のような形(本当に詩になっているのか疑問しょんぼりになってしまいました。
                    ところがこのコラムを見ていただいた方が非常に沢山いらっしゃったみたいで人気があったようです。びっくり

                    (もしかすると詩を書く才能があるのかも・・・ときめき

                    調子に乗った私はその後も・・・

                    野球小僧>>

                    青空の時間>>

                    などで詩を書いたのですが、イマイチの反応にあえなく筆を置きました。悲しい

                    やはり背伸びをしてはいけません。汗

                    私はそんなに育ちは良くありません。パー


                    つづく






                    時差ぼけの原因

                    0
                      帰り際、保原町のメインストリートである陣屋通りを通過すると

                      イルミネーションでライトアップされた木々達が光輝いております。ツリー

                      世の中は今クリスマスというイベントに目掛けてまっしぐらなのでしょう・・・


                      去年もそうだったのですが、私は当店の月に一回のイベントの準備のために
                      一ヶ月、二ヶ月先を考えなくてはなりません。しょんぼり

                      私の中では今現在で来春の初売りの内容を如何するかで頭がいっぱいになっています。かどまつ

                      店内の飾りつけも検討しているために常に門松や獅子頭、大凧などが
                      頭の中をよぎっている状態。凧お年玉鏡もちかどまつ


                      イベント以外にも会社としてのビジョンは常に先に置いているので
                      どうしても誤差が生まれてきます。


                      クリスマスどころか、正月気分を味わっている状態しょんぼり


                      大切な家族や恋人、友達達と過ごす時間はとても平和で満ち足りた素敵な時間です。ときめき

                      やはり人はゆとりの中にこそ人間らしさを発揮する事ができ、感じる事ができるのでしょう。グッド


                      私はストイックな世界にあえて身を置く事により研ぎ澄まされた状態でありたいと思います。パー
                      スタッフの平和とお客様の平和を背負っている自覚があればさほど苦にもなりません。グッド


                      先日お客様の家におじゃました時に身体の心配をされました。
                      このコラムを一つとっても私は頑張り過ぎなのだとアドバイスをいただきました。たらーっ

                      お客様 「人間は全てを完璧にはこなせないんだから・・・」



                      本当に優しい方です。悲しい


                      確かに最近は文章が長過ぎだと私も思いますし、何人かにも言われました。汗

                      その中の一人であるF倉さんは半分呆れております。しょんぼり

                      F倉さん 「し〜んちゃん!最近ながいぞ〜文章冷や汗身体壊すぞぉ〜しょんぼり



                      私の性格なのでしょう。

                      好きな事には一生懸命と情熱で勝負したくなります。グッド

                      好きな事で私のキャパが埋め尽くされていないと不安になります。冷や汗


                      しかし私の情熱は時に凶器となりえる事もあります。冷や汗

                      それは特に当店の取引させていただいている会社や担当の方に襲い掛かります。

                      ついて来れなくなってしまうのです。しょんぼり

                      私は離れていく人を追いかけたりはしませんし、合わせる事もありません。
                      生意気ですが、ついて来れない人は諦めるしかありません。



                      その反面、私を高く買っていただき本当に親身になっていただき
                      私の相棒のようになってくれる方もいます。楽しい

                      先日、新しく取引させていただく事になった会社の担当の方がこんな話しをされました。

                      担当の方 「私は社長とお会いして一つ驚いた事がありました。
                             それは社長の目です。
                             これほど真剣で闘う気概を持った目に出会ったのは初めてです。
                             プライベートでも私の相談に乗っていただけますか?



                      その昔、ブルーザー・ブロディーが、アントニオ猪木に初対面した時に言った言葉が
                      「奴の目にはバーニングスピリットが見える。」
                      でしたが
                      それを彷彿するような言葉です。びっくり


                      私 「買いかぶり過ぎですよ楽しい単に目つきが悪いだけなのを勘違いされているんじゃないですか?

                      嬉しい時ほど何と言葉を返していいのか分からなくなり茶化してしまうのは
                      私の悪いところです。悲しい



                      「闘う気概を持った目」かぁ〜嬉しい

                      ただのアイスが好きなおっさんではなかったのですね。悲しい




                      私は常に孤高でありたいと思っています。

                      孤高とは、崇高な考えを元に実践するにあたり、孤独になる事です。 


                      一部にでも理解者が居てくれれば、それは私にとって「満ち足りた平和」になるのです。

                      | 1/2PAGES | >>

                      オフシャルサイト

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM