カートダイハツの暑気ばらい 後編

0

    ここは瀬上町にある「紅花」さんです。拍手
    カートダイハツ保原のお客様でもあります。
    雰囲気が良く、落ち着いて飲むのに最適です。
    さらに癒し系のマスターと陽気なママがおもてなしをしてくれて
    楽しく飲めるところです。グッド


    しかし・・・


    飲み始めて早々にカラオケ三昧。
    会長と小野が何故か競いあう展開に・・・

    小野 「かぁ〜いちょ〜わぁ、古い歌ばっかりうたっぁ〜って、もぉ〜聞き飽きたぁ〜」

    私 (あんたも古いよ!

    会長 「なぁん〜だい!おのちゃんばっかり歌ってぇ〜!

    私 (まだ歌う気かい汗


    スナックというよりカラオケボックスです汗


    いつまで歌うのやら・・・








    数分後








    会長 「よし、帰るぞいグッド




    私、小野 「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ〜びっくり



    この気持ちの切り替えの早さはナンなのでしょうか?
    今し方までカラオケに熱中していたかと思えば突然帰宅を命じる大号令を発します。冷や汗
    会長が2次会に誘っておいて・・・怒り
    会長を長年見てきた私が分析すると単にカラオケのレパートリーが無くなってしまったのでしょう。しょんぼり




    「紅花」さんにお礼を言ってお支払いを済ませ、店を出ると・・・

    会長は走って逃げていきました。(笑)




    ジョギング ジョギング ジョギング ジョギング ジョギング ジョギング ジョギング ジョギング ジョギング





    びっくり びっくり びっくり びっくり びっくり びっくり びっくり びっくり びっくり







    私 「お〜いパーかいちょぉ〜冷や汗




    まったくの理解不能汗
    意味が分かりません。冷や汗

    そして、遠ざかる会長を泥酔した小野が追う。(笑)







    小野 「うぃ〜パクッ かぁ〜いちょぉぉぉぉ〜汗



    恐る恐る後ろをついていく私。

    私 「なぁ〜んか、嫌な予感がする・・・」






















    的中です。汗


    私 「おいおいおいおい汗最悪だぁショック


    小野 「う〜んハート眠いパクッ



    私 (このままここにブン投げて帰るかな・・・)

    という訳にもいかず汗
    タクシーを呼ぼうにもちょうど出払っていて1時間待ちだそうです。

    そっと小野の近くに腰掛けて途方に暮れました。バッド
    通り過ぎていく車の全てから注目され恥ずかしいのなんの・・・
    カートダイハツのツナギを着ていたために身元もバッチリです。悲しい

    しかしここで私がかばう訳ではありませんが、
    小野は仕事もお酒の場も一生懸命なのです汗
    「後先を考えずに今出来ることに最大限に取り組む」
    これカートダイハツイズムです。(少し苦しいか汗


    その後途方に暮れた私は友人に助けを求めると
    偶然近くにいて、送ってもらえることになりました。
    友人もビックリしていました。(笑)

    友人 「うわびっくりなんだい、小野さんダイジョブかい汗



    カートダイハツの暑気ばらいはこんな感じで幕を閉じました。
    (明くる日、私から嫌味を言われまっくった小野は数日間は意気消沈しておりました。バッド








    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM