この暑さと地球の危機

0
    私 「あぢぃ〜あぢぃ〜あぢぃ〜ショック

    今日は何と暑い日なのでしょう。
    このコラムを更新している私の隣では
    クウもへばっております。

    私 「おーいくうさん!大丈夫かい?

    クウ 「・・・・」


    完全に無視しております。

    私 「そんなに暑いなら俺と同じ髪型にしてやろうか?

    クウ 「ハウ?びっくり





    こんなに暑いとやはり地球温暖化の影響を身近に感じてしまいます。
    カートダイハツ保原が存在するのは日本のお陰。
    日本が存在するのは地球のお陰。
    ということで今回は真面目にこの問題について考えてみました。



    地球温暖化とはCO2などの温暖化ガスが大気中に増えることにより平均気温が上昇することです。
    この100年間で地球の温度は0.4度〜0.8度上昇したのだと言います。
    しかしこれから先がもっと深刻で加速度的に気温が上昇していき100年後には
    5.8度も上昇すると言われております。



    気温が上昇すると台風や大型ハリケーン、竜巻、さらに昆虫の大量発生や
    新型ウィルスの流行など予期できない様々な弊害に襲われます。
    久しく異常気象の問題がTVや新聞を賑わせておりますが
    それでもここ100年では最大0.8度の変化だったのです。
    これが5.8度も上昇してしまったら果たして地球はどうなってしまうのでしょうか・・・





    さらにこのまま温暖化が進んだ場合に深刻なのが海面の上昇なのだと言います。
    今後北極や南極の氷が溶け出すことにより数メートルの海面の上昇が予測されております。

    ↑この先日本地図は大幅な変更が必要です。びっくり

    地球温暖化は私達が想像しているよりも
    もっと身近で大変な問題なのですねしょんぼり





    映画「不都合な真実より」

    先日「不都合な真実」という映画を観ました。
    地球温暖化をテーマにしたドキュメンタリー映画なのですが
    とてもためになる映画でした。
    この映画に感化された私は
    それ以来当店のエアコンの温度設定を1度上げております。
    そして私の部屋に備え付けてあるエアコンは極力使用しないように決めました。
    微力ながら私も地球の危機を回避するために協力して行きたいと思います。



    私達一人一人がもっと真剣にこの問題に向き合い生活することが
    地球温暖化を防ぐもっとも有効な方法なのかも知れません。
    これからはエコがキーワードなのです。

    自動車業界にもその波は押し寄せております。
    今年の上半期にトヨタがGMを抜いて世界販売台数1位になれたのは
    環境に優しいハイブリッド車の開発が進んでいるためです。
    また、国内販売で軽自動車が好調な要因もその一つです。
    もう大排気量の車でガソリンを大量に消費しながら
    乗り回す時代は過ぎたのでしょう。


    これからは限られた地球の資源を大切にしながら
    自然と上手に付き合って生きていかなければならないのですね。








    私 「多少暑くても、お互い少しは我慢しようねぇ〜ハート

    クウ 「はうぅぅぅぅぅぅ汗

    私 「丸刈りにすっつぉ!

    クウ 「はうパー







    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM