大阪出張 5

0
    明くる日、私達一向は兵庫県に向かいました。ジョギング


    〜兵庫県〜

    兵庫県といえば阪神、淡路大震災が思い浮かびます。
    1995年1月17日に明石海峡の地下14kmを震源地とし、
    マグニチュード7.2の大地震が襲いました。しょんぼり
    その際に大きな地面のズレが生じ断層ができ、それはなんと
    約10kmにも渡って続いたようです。びっくり
    今はその恐怖を将来に伝えるために屋内に保存されております。

    余談ですが、私の誕生日も1月17日です。
    当時高校生だった私はそんなこともありとても人事ではない想いで
    ブラウン管に映し出されるニュース映像を見入ってました。


    〜震災公園 野島断層フェニックスパーク〜



    10kmも続いた断層。

    その光景は絶句の一言です。
    地面が本当に引き裂かれております。
    その時の地震の激しさが想像でき改めて恐ろしく思いました。



    断層に添って壁も綺麗に割れてしまってます。




    地震の際のキッチンの様子を再現したブースもありました。


    皆さんは日頃から災害に対しての備えをしておりますか?
    私は改めて自然の恐怖を思い知らされました。冷や汗















    ジョギング ジョギング ジョギング ジョギング ジョギング ジョギング ジョギング ジョギング






















    今回の大阪出張の日程は以上で終了となりました。
    しかし私にとっては一番の難関がまだ残っております。
    そうです!
    帰りも飛行機で帰らなくてはならないのです。冷や汗
    あれほど恐い思いをした飛行機・・・
    うぅぅぅぅぅ・・・帰りたくない・・・



    伊丹空港でフライト待ちの時間も私の体は緊張によりカチコチです。冷や汗


    どうか・・無事帰れますように・・・

    チケットを握り締め。
    覚悟を決め。
    神に祈り。
    飛行機に乗り込む私・・・


    その時、福島ダイハツのI次長さんがチケットの交換を申し出てきました。

    I次長 「社長!ぜひチケット交換しましょうよ!こっちの方がゆったりできていいからグッド ねっハート



    私 「えっ汗えっ汗えっ汗


    何がナンだか分からぬうちに交換されていくチケット汗


    チケットに書いてある番号をもとに座席を探してみると・・・・・
























    私 「窓際じゃん!;(´o`);」














































    私 「ガクガクガクガクガクガク;(´o`);」


























    終わった・・・

















    私の人生・・・
















    ガガガガガガガガガガガガ〜飛行機






    あっけなく飛び立つ飛行機。冷や汗
    私の気持ちを汲んではくれません。

































    真っ直ぐ前だけを見て。




































    やけに姿勢がよく。



































    目がウツロ。





















    しかし恐いもの見たさを隠し切れない私。



    だって人間だもの。(みつを風)





    恐る恐る窓の外を見ると、そこは険しい山脈地帯でした。


    意外に恐くありません。





    (ここは何処なんだろう・・・)




    ふと目線を上に上げるとそこには
    夕焼けを浴びながら
    キラキラ光る
    雲を下に控えた・・・・





    富士山






    それはあまりに美しく
    私の心は虜になり
    崇拝したくなる山でした。

















    私 「あっああああああああ┌(`0´;)┘」
















    私 「ふ・じ・さ・ん! (;`へ´;)」















    実は今回の出張で何より心に残ったのが富士山です。ときめき
    世界を見渡せば高い山などいくらでもあるのに、外国人ほど
    富士山を崇拝する理由がやっと分かりました。

    神がかり的にキレイなのです。拍手
    左右対称のその山は他の山とは比べ物にもなりません。
    そして理屈ではなく人間の根本に持つ美的感覚に訴えてきます。

































    私 「あっあああああああああ┌(`0´;)┘」













    富士山が見えなくなるまで見続ける私。




    富士山の残像が今でも鮮明に残っております。



    富士山のお陰で!?飛行機を克服した私は無事仙台空港に到着し、
    帰宅することができました。



    大阪出張は私にとって本当に良い経験を与えてくれました。拍手





                          おわり拍手


    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM