神々が宿る国

0
    少し前の話になりますが
    「この国は神の国なるぞ」と発言し批判を浴びた首相がいましたが
    皆さんは覚えていらっしゃいますか?

    私は「神の国」とまでは言いませんが「神々が宿る国」だとは思っています。
    日本は先進国の中では珍しい多神教の国家です。
    キリスト教やイスラム教のような一神教とは違い神様はいたる所に存在します。
    木や森、山や川、太陽や土、石ころにだって神様はいます。
    面白いのは人間だって常人以上の業績を上げた人ならば神様として拝まれるのです。
    こんな事は一神教の国ではありえません。
    一神教では一人の絶対神しか存在しません。

    日本は多神教であるが上に全てを受け入れることができたのかも知れません。正月になれば神社にお参りに行き(神道)親戚の方が亡くなればお寺のお坊さんにお経を読んでもらい(仏教)恋人とクリスマスを祝い(キリスト教)暮らしています。
    キリストですらこの日本では八百万の神の一人なのでしょう。

    日本人の大半は自分は無神教者だと思い込んでいますが、あまりにも宗教が生活の一部と融合しているために気が付いておりません。

    例えば言葉。
    日本人であるならばほとんどの人が言葉には何か違う力が宿っていると信じております。
    その証拠として不吉なことを極力避けながら会話をしたがります。

    「あなた、明日事故に遭って死ぬかもしれないよ。」
    そんなことを友人から言われたら
    「そんなこと言わないでよ。本当に起きるかもしれないじゃない。」
    と言い返したくなります。
    しかし、言葉にしたからと言って実現することなどありえません。
    日本人だからそう感じるのです。
    これが言葉には何か違う力が宿っていると信じている言霊というものです。
    言霊とは神道の教えなのです。
    また食事をとる前に
    「いただきます。」
    と手を合わせる行為も、農家の方に感謝を示し神様にも感謝を示していると言えます。
    古く昔から食事は日本人にとって特別なことで一つのマツリゴトだったのだと言います。
    神様はもっと身近に存在していたのでしょう。

    私は特別に何かの宗教に依存している訳ではありませんが
    一時期、歴史に興味が湧き勉強していたことがありました。
    日本はもちろん世界の歴史を知れば知るほど宗教は密接に関係してくることに気が付きました。
    そして私達の生活の中に身近に存在することを学びました。



    神の存在・・・
    それは欲深く欠陥だらけの人間が規律正しく生活していくのに必要だったのではないでしょうか。


    現在日本人は神の存在を忘れ、個々の利益を優先して生活しているように感じます。
    木を切り自然を破壊すれば本当は森の精霊や山の神の崇りがあったはずです。
    食事は当たり前にすることではなく神様の恵みによるものだったはずです。
    悪行をはたらけば八百万の神々から天罰が下ると信じられていたはずなのです。
    このままでは優しい神様も、楽しい神様も、恐い神様も
    この日本からどんどん居なくなってしまいます。





    仕事の帰り道、車の窓を開け空気を入れ替えると
    風の神様が桜の花びらをひとつプレゼントしてくれました。


    私はこれからも特定の宗教に依存することはないと思うのですが
    幾多の神々を身近に感じながら生活していきたいと思っております。
    それが本来日本人の心だと信じております。

    コメント
    先日はお世話になりました。
    人生勉強ですね。
    お互い刺激しながら成長していきましょう。

    フジッチさんのコメントは素晴らしい内容だと思います。
    私も同感です。
    確かにグローバル的な視野はこれから必要だと思いますが
    それは自国の文化や風習を理解して初めて成されることだと思います。
    世界に踏み出した時に必ず聞かれることは
    自国の文化や歴史や風習だそうです。
    そこで答えられないと相手にもされなくなると言います。
    それだけ他の国の人達は自国への思いが強くそれが当然だと思っています。

    欧米の良い部分はこれからも取り入れていかなければなりませんが
    日本の長い歴史の中で育まれてきた文化や思想が高々ここ4、50年くらいの間で壊されていくことに危機感を感じてしまいます。
    世界に誇れるところも沢山あると思うのですが・・・

    今一番日本から消滅しかけているのは「和」の心だと思います。いずれこのコラムで書きたいと思っているテーマです。
    私達若い世代で守っていければいいですね。
    • 管理人
    • 2007/04/11 10:32 AM
    今日は、大変お世話になりました。
    とっても参考になりました。
    今日の話、早速マインドマップしてみましたよ!

    さて、今日のコラムについてコメントを。
    日本は八百万の神の国であり、感謝の国なんですよね。
    だから、感謝をすれば感謝したい事がまたやってくるとも言われています。でも、今の世の中は、自分さえよければという事で、勝ち組負け組みもはっきりしていますし、なんかギスギスしちゃっていますよね。
    最近は、ホントにどんどん欧米化されてきていますが、自分たち日本人のDNAというのは、長い歴史の中で培われてきたものでもあるわけなので、感謝をする事をもう一度みんながやり始めると、いい国になって、自分たちも住みやすくなるんじゃないでしょうかね。
    この国に生まれた以上、この国に感謝し、この国をもっとよくしていけたらいいですよね。

    日本という国の中では、自分自身の心=神なのかもしれませんね。
    • フジッチ
    • 2007/04/09 10:56 PM
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM