奇跡の出会い2

0
    昨年の話になります。

    ワインを購入に酒屋さんに足を運んだ私はそこの店員さんから社員を募集していないか尋ねられました。

    詳しい話は、「奇跡の出会い」を参照して下さい>>


    旦那さんが昔整備をしていたということから話しが広がったのでした。

    先日お客様にだすジュースを買いにまたまた酒屋さんに買出しです。
    そんな話しがあったことすら忘れジュースを選ぶ私・・・


    私 「ちょっといい?このジュースいくら?

    尋ねたところ含み笑いを浮かべながら接客する店員さん。


    私 「ナンだろう?これは気があるんじゃないの?

    などととぼけた考えを持つ私。しかし何処かで会ったような・・・





    私 「あぁぁぁぁ!旦那さんが整備士のぉぉぉびっくり

    気が付くのが遅すぎます。


    店員さん 「そうですチョキ旦那まだ仕事見つからないんですよ〜しょんぼり



    店員さん 「寺島さんとか凄いいい人だし、働きやすそうだから勧めたんですけど・・・」



    本当に続きがあった・・・

    このコラムで「縁があれば続きがあるはず」と書いたのですが、
    本当にあるとは夢にも思いませんでした。びっくり


    これは何かの縁だ!






    私 「それじゃぁ、旦那さん連れて遊びに来なよグッド





    数日が経過し今日・・・

    沢山のお客様に来店していただき軽いパニック状態に陥った私。
    ありがたい事です。
    途中用事があり店を出てすぐに帰ってくるとスタッフからお客様がお待ちだと告げられます。

    急いでお客様のもとに駆けつけると酒屋の店員さんと旦那さんでした。
    しかし軽いパニック状態の私は車を購入に来られたお客様と勘違い。





    私 「ど〜もど〜もぉ楽しいどうですかその後はチョキ見積もりは見ていただけましたか?

    本当にアホです。




    店員さん 「見積もり?そんなのとってないですよぉ楽しい


    焦り出す私冷や汗
    いやそんなはずは・・・
    ムーヴが欲しいと言ったあのお客様に違いない。怒り




    私 「そんなぁ〜汗この前一生懸命車の説明したじゃないですかぁ汗お忘れですか?

    忘れているのは私です。悲しい



    店員さん 「ぎゃははははは楽しい誰と勘違いしてるんですかぁ?酒屋で働いてる・・・ほらぁハート




    あっ・・・冷や汗


    今思い出すだけでも恥ずかしさで一杯です。
    ほんの数日前に会ったばかりなのに・・・


    私 「ごめんなさい・・・悲しい


    ようやく落ち着きを取り戻し本題を話しあいました。
    よくよく旦那さんに聞いてみると大型のトラック関係の整備がやりたいとのこと。その準備に大型免許まで取っているようです。
    何でもこなす当店でもさすがに大型トラックの整備はやっておりません。
    日野やいすずに勤めたいようです。

    その後は楽しい会話をさせていただきました。

    就職に携わる縁はどうやら無かったようです。
    しかし楽しい会話をさせていただきながら別の何か・・・
    そう。今は分からなくても何か別の縁がありそうな、そんな感じです。


    私 「また遊びに来て下さいねぇパー

    私 「というか、近いうちに酒屋にまた行くから宜しくねグッド


    店員さん 「ぜひぃ〜ハート


    本当に人と人の出会いは面白いものですね拍手
    度重なる出会いと別れによって人間は急速に成長していくのでしょう・・・

    旦那さんにとって良い職場がみつかるようにハートパー

    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM