ワタクシ的忘年会論

0
    いよいよ今年もあと残りわずかとなってきました。パー

    年末と言えば忘年会のシーズンです。拍手

    カートダイハツでも28日の最終営業日の夜に忘年会を企画しております。グッド

    当店の忘年会は、スタッフと取引先の方達が数名という小規模な形で考えております。


    しかし、その取引先の方達は私が選りすぐって選ばさせていただいた、本当に大切な方達ばかりです。ときめき

    カートダイハツに共感し、カートダイハツに協力していただき、
    カートダイハツのお客様を必死にサポートしてくれる仲間達です。拍手

    今年1年間本当に良くしてくれました。
    その感謝の気持ちからのご招待です。グッド






    今年を振返ると本当に異常な1年でした。しょんぼり

    「いざなぎ景気を超えた!

    「過去最高の利益を計上!

    新聞の見出しに踊る文字とは裏腹に

    ニートの増大。
    高齢者が空き缶を拾いそれをお金に換えて生活する社会。


    こんな社会が真っ当だとは誰も思わないでしょう。しょんぼり

    社会の格差がどんどん開いて行きます。冷や汗

    まだここまで問題視される以前に私はこのコラムでお話させていただいた事があります。

    「このままアメリカ追従の社会を目指せばいずれは一部の人間が巨万の富を得る事ができ、逆に大半の一般の人達は貧困層に押し下げられ、貧富の差が浮き彫りとなるでしょう・・・」

    詳しくはこちらをご参照下さい。

    身近なところから今の社会について思う事 後編>>

    経営論>>



    こんな世の中になってしまう事は数年前から予見していました。パー

    その当時に小泉首相が推し進めた構造改革とは
    即ち絶対資本主義であるアメリカの真似事で、それがこの日本の風土に合っているとは限りませんし、
    アメリカの現状を見れば分かる通り、貧富の差が拡大し、それにより凶悪な犯罪も増加しております。ショック

    真っ当な経営者なら現在の政治から、この先にやってくるであろう
    社会を予測し、対策を練らなければならないのです。パー


    マスコミもマスコミです。
    小泉首相が総理大臣任期中は、そのパフォーマンスを大きく取り上げて
    部数を稼ぎ、実際の政治の内容は二の次三の次・・・

    任期が終わり次第、格差の問題を大きく取り上げ始めました。しょんぼり

    今の格差は正しく小泉首相の政治の賜物であり、
    本当はマスコミはそれをいち早く察知し国民に知らせなければなりません。怒り


    「部数が伸びればいい」

    「視聴率が取れればいい」

    「儲かればいい」

    それこそが拝金主義であるアメリカ絶対資本主義なのでしょう。悲しい

    そう言えば日本には悪を正す「ジャーナリズム」に代わる言葉が存在していないのに気が付きました。びっくり







    忘年会・・・

    それは戦後の高度成長時代から本格的に日本に根付いたシステムのようです。拍手

    日本独自である終身雇用制は
    社員同士が長い年月をかけてコミュニケーションをとる事により
    仲間意識が強くなり、さらに一つの家族のような連帯感をも生み出しました。ときめき
    しかし会社に居続ける事により、不満も蓄積されるので年に1回の忘年会で
    さらけ出し、コミュニケーションを深める事により
    また翌年も仲間と一緒に頑張ろうという気持ちになってもらうために
    生み出されたもののようです。拍手



    「今日は、無礼講だぁ〜!と会社の上司が言い放ち

    部下がこれ見よがしに、上司を手玉に取っていく・・・

    こんなシーンが頭を過ぎりますが、

    正にこの姿こそが日本人の健全な社会のような気がして止みません。




    一部の大企業が「過去最高の利益を計上」している裏側では
    高齢の社員をリストラし、賃金を安く絞り上げても働くしか生計を立てられない貧困層の労働者を雇用した結果であり、
    就職率が上がり、景気を良く見せかけているのもそのためです。びっくり
    しかし実際は大多数の国民が貧困層に押し下げられる悲しい社会悲しい
    そして人間の心と日本人としての義理と人情を忘れる事ができた一部の人間だけが裕福になる社会悲しい


    日本人が日本の風土に合わせて開発した
    終身雇用制は崩壊の一途を辿っています。悲しい




    社員が高齢となり、若い頃のように働けない。
    しかも賃金が割高だ。という理由で
    簡単にリストラする世の中にはたして若者は夢など持てるのでしょうか?

    急増する若者のニート化と
    空き缶を拾い生計を立てる高齢者の問題はこんなところからやってくるのではないのでしょうか?


    社員を人間とも思わない会社では
    日本独自の文化である忘年会などやって欲しくはありません。パー
    そもそもコストカットしか考えない会社は無駄な経費となる忘年会など
    開くつもりも無いのかも知れませんが・・・









    今年もカートダイハツの忘年会は
    仲間のような取引先の方々と家族のような社員によって
    少人数で、熱く熱く行われる予定です。ときめき

    今年もまた私は「無礼講」にし、
    お酒を皆に注ぎながら日頃の不満の捌け口になれるように努力するつもりですチョキ

    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM