「ホテル・ルワンダ」と「太陽の帝国」を見て

0
    「ホテル・ルワンダ」

    ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション
    ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション

    ストーリー
    1994年アフリカのルワンダでは、長年にわたるフツ族とツチ族の民族抗争がエスカレートし、ついにフツ族はツチ族の大虐殺を開始。そんな中、ルワンダの高級ホテル支配人を務めるフツ族のポール(ドン・チードル)は、妻タチアナ(ソフィー・オコネドー)がツチ族であることから家族だけでも護ろうとしていたが、彼を頼って集まってきた難民たちを見ているうちに、彼の心の中で何かが変わり、独り虐殺者たちと対峙することに…。
    100日で100万人が虐殺されたルワンダ事件を背景に、1200人の命を救ったホテルマンの決死的行動を描いた実録社会派映画の傑作。単に世界を震撼させた事件を再現するだけでなく、そもそも諸悪の根源でもある欧米の差別意識や、国連の対応などにも厳しい批判を下した勇気ある姿勢には頭が下がる思いだが、同時に人はふとしたことで英雄的行動を取ることの出来る生き物でもあることまで力強く教えさせられる。『ボクサー』などの脚本家でもあるテリー・ジョージ監督以下、まだまだアメリカ映画界には反骨の映画人が多数存在するのだ。必見。(増當竜也)


    〜私の感想〜

    ルワンダの悲劇は本・雑誌等で断片は知っていましたが、

    これほど酷いものだとは思っていませんでした。びっくり

    民族浄化とはこの事です。ショック

    主人公のポールが、危険を犯して難民を救うシーンを見て

    もしも、私が同じ状況だったとして、同じ様に難民を救う事が出来るのか

    想像してみましたが、正直に言って自信がありませんしょんぼり

    のためにを費やす精神は

    私は非常に重要な事だと思っています。

    「個人の自由だ!
    「個人の意思をもっと尊重しろ!
    「私は自分のために○○している!

    などと言いますが、周りの人達のお陰で個人は生きられると思うのです。

    自分の性格ですら他人と比べる事により自分らしさが生まれ、育ちます。

    人間が一人も居ない環境で、自分を保つ事はどんなに意志の強い人でも
    不可能でしょう。悲しい

    ただ、公共性が大事な事だと分かっていても実際に自分に死の恐怖が近づいている時に、それを発揮できる人間は少ないと思います。しょんぼり

    実話をもとに作られた映画だからこそ、そこまで深く考えさせられました。

    一つこの映画を観て発見した事がありました。

    ルワンダの事件は、「あまりに危険過ぎて世界各国が助けに行けない。」

    との認識を持っていましたが、実際は

    「ルワンダに関わっても自国の国益にプラスにならない」との判断で世界各国は見てみぬふりをしたようだという事です。冷や汗

    それで良いのでしょうか・・・ショック

    本当に様々な事を考えさせられる映画です。拍手


    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    「太陽の帝国」

    太陽の帝国 特別版
    太陽の帝国 特別版

    ストーリー

    第2次世界大戦下の中国で、両親と生き別れた11歳のイギリス人少年ジム(クリスチャン・ベイル)が、日本軍の捕虜収容所の中で日米さまざまな人々との交流を経て成長していく姿を描いた、スティーヴン・スピルバーグ監督の戦争超大作。
    派手な戦闘シーンなどを売りにするのではなく、あくまでも少年の視点で見つめた人間関係の中から戦争の本質を浮かび上がらせていく構成になっている。日本からも伊武雅刀、ガッツ石松、片岡孝太郎が出演。
    また、敵味方の別を超えて飛行機への愛情を如実に描く零戦の出撃シーンなどに、スピルバーグ自身の少年期への想いも見事に反映されている。原作はJ・G・バラードの自伝的要素の強い小説だが、C・ベイルはバラードの少年時代にそっくりの風貌だったとか。(的田也寸志)


    〜私の感想〜

    いやぁ〜汗 参りましたパー 面白かったぁ〜拍手

    映画の醍醐味がここに集約されていました。ときめき

    「久しぶりに映画らしい映画を見たグッドそんな感じです!

    紹介していただいたお客様には本当に感謝です悲しい

    主人公の少年ジムは本当に健気で、厳しい戦火の中を必死に生き抜く姿には感動してしまいました。悲しい

    戦時中の日本人の描き方もかなり勉強して作ったのが伝わって来ましたし、
    (一部?と感じる部分もありましたが他の洋画よりは大分マシ汗

    なにより正義・悪の二元論で語られていないのに好感が持てました。ときめき

    もうハリウッド映画の、

    様々な問題を・・・

    「ジャスティース!

    の叫び声で解決するストーリーにはウンザリしていたところでした。悲しい

    世の中の問題の大半はそんなに単純ではない事はみんな知っています。

    この映画にはそんな子供っぽさがありません楽しい

    後半のシーンも「人間の感情表現とはこういうものだ!という

    スピルバーグの強い意志が感じさせられました。

    他人の感情を測るには、自分の経験の範囲内での推測でしか判断出来ないのが実生活です。

    大いに推測しながら観るのが、この映画の上手な楽しみ方なのでしょう。ときめき




    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM