ありがとう

0
    昨日祖母が亡くなりました。

    満97歳。もう少しで100歳でした。

    私にとっては最後のばーちゃんでした。

    実はもう永くはないというのは聞いていて、先日ばーちゃんに会いに行って来ました。



    私は小さい時、よくばーちゃんの家に遊びに行きました。
    川俣の山奥で、自然に触れる事が出来ました。
    夏休みを利用して遊びに行くと、子供にとってそこはまるで遊園地のようでした。
    カブトムシ、クワガタ、セミ、カミキリムシ、オニヤンマトンボ・・・
    父とお風呂に入ると、まるでお鍋の中に入った気分。それが五右衛門風呂という事を知りました。

    ばあちゃんには小さい時から可愛がってもらいました。
    酸っぱい梅干に甘い砂糖をたっぷりまぶし、お茶と一緒に食べる。
    これがおいしくてよくばあちゃんにせがみました。
    「しんのすけ。手を出してごらん」
    小さい手の平に載った梅干はまるで宝石のよう。



    時は過ぎ
    中学生になり、人並みに反抗期になり親と行動を一緒にしたくなくなり、
    ばあちゃんの家にも行かなくなりました。

    たまに顔を出すと、ばあちゃんは喜んでくれて
    「よく来たね、しんのすけ。ちゃんとご飯は食べてるかい?」

    「・・・うん。」




    高校生になると格好も派手になり、周りの目も変わってきました。
    「あの家の息子は・・・」
    言われれば言われるほど余計に反発したくなり、人を外見で判断する大人達に嫌気が差し、素直になれない時期でした。
    ただ、ばあちゃんだけは
    「大きくなったね、立派になって・・・ ちゃんとご飯は食べてるかい?」

    「・・・うん。」
    ばあちゃんの前だと、小さい頃のまま。
    「全然立派じゃないんだよ、ばあちゃん・・・」申し訳ない気持ちでいっぱいでした。




    そんな私も社会に出て、成長し、4〜5年前。
    ばあちゃんが私の家に泊まりに来る事になりました。
    ばあちゃんとゆっくり話すのは久しぶりでした。
    反抗期の時期にばあちゃんと話す事が出来なかったので、時間を取り戻すかのように色々な事を話し、また聞きました。

    ばあちゃんは青春時代に半田山に住んでいた事があり、そこの半田沼に深い思い入れがある事を聞き、次の日ばあちゃんを半田沼に連れて行ってあげました。
    その頃すでに歩行が困難になっていたので、車イスを押しながら沼の畔をゆっくりと歩きました。
    ばあちゃんはとても感動してくれて、そんなばあちゃんを見れて嬉しく思いました。

    ばあちゃんは病院に帰るとき、しきりに
    「しんのすけ。毎日忙しいのだろう?ありがとね。ちゃんとご飯食べるんだよ。」と言ってシワシワの手で握手をしました。

    「ばあちゃん。ちゃんと食べてるから大丈夫だよ。俺また会いに行くから」



    先日、もう先が長くないという事を聞き、仕事の合間を縫って病院に駆けつけました。
    ばあちゃんはもう話す事も出来ず、ただひたすら深い眠りについている。
    そんな感じでした。
    看護婦さんに聞くと、ほとんど意識はないとの事。

    ただベットの隣に座りボーットばあちゃんを見つめていました。
    1時間くらい隣に居て、シワシワのばあちゃんの手を握ると
    ばあちゃんは握り返してくれました。
    「ばあちゃん。会いに来れなくてごめん。」

    (しんのすけ。忙しいんだろう?ちゃんとご飯食べているのかい?)

    「大丈夫だよ。ちゃんと食べてるよ。」

    (身体に気をつけるんだよ。)

    「うん。」

    そんな会話をしたような。

    「ばあちゃん。俺、もう行かなきゃ。また会いに来るよ。」

    そう言ってばあちゃんの手を静かに置いて帰りました。


    手を握り返してくれた事を父に話すと驚いていました。
    数日後、一時容態が良くなったようで、回復を祈ったのですが
    天国へと旅立ってしまいました。

    いつも私の味方だったばあちゃん。
    会うたびに身体を心配してくれたばあちゃん。

    ありがとう。
    ちゃんとご飯は食べてるから心配しなくていいよ。
    天国にはじーちゃんが居るからゆっくり休んでね。

    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM