本当のサービスとは・・・

0
    私には、変な癖があります。しょんぼり

    業種を問わず、お店に入るとちょっとした工夫やスタッフの対応、雰囲気に至るまで第6感全てを駆使して感じてしまうのです。冷や汗

    別にあら捜しをして文句をつける為ではありませんよ。楽しい

    私は滅多に怒ることはありません。

    あっ!前に一度だけ店員に怒った事がありました。

    あるコンビニに弁当を買いに行って、レジに持っていくと
    若い店員が
    「いらっしゃいませぇ〜」

    その後に弁当を指さしながら
    「これ、温めませんよね?」    

    と聞かれたのでとっさに・・・

    「あっ・・はい嬉しい」 
     アレ?

    「おっおい汗今何て言った?」 「温めてよ!

    「はぁ?嬉しい

    「はぁ?嬉しいじゃないよ。」    「オマエ、ふざけてんのか?怒り

    「あっ、いや、はい冷や汗

    「はい? ・・・・ あははははは楽しい訳わからん楽しい」      「もういいよ・・・しょんぼり

    最後には、笑ってしまいましたが「温めませんよね?」と聞かれたのは初めてでした。
    結局冷たい弁当を食べるはめに・・・悲しい




    文句をいうためではなく、何か当店に活かせる事を探しているのだと思います。(無意識なので定かではありませんが・・・)

    たとえ悪い部分が見えたとしても、反面教師ではないのですが、
    「こういう感じだと悪い印象もたれるなぁ〜」と考えます。

    実際、感じる事は誰でも出来る訳で、実行に移そうとすると意外に難しい事は多々あります。
    良いと思った事に貪欲に取り組み続ける事が成長するためには大切な事なのかも・・・
    当店もまだまだ努力です!



    そんな私があまり好きではないのがフランチャイズに多い
    マニュアル化された接客です。

    「いらっしゃいませぇ〜楽しい○○にようこそぉ〜楽しい

    心が無い挨拶。次に言う言葉も決めています。

    それだったら「お〜何だ!寺さんかぁ〜。何だ今日は?
    そのぐらいの店の方が好きです。(実際にあります汗

    当店では真似出来ませんが、
    マニュアル化された挨拶はもっと真似したくありません。
    難しいですね汗

    またコンビニの話しになるのですが、先日いつものようにレジに豆乳を出して
    (私は豆乳をかなり飲みますポッ
    一緒にタバコを頼もうとしたら
    店員の女性と目と目が合いました。

    くるっと後ろを向いて何をするかと思ったら
    「タバコですよね?
    「こちら、お一つでよろしいですか?」と言って私のタバコを持ってきました。


    「あっ・・・はい嬉しい」 アレ?
    「何で俺の吸っているタバコの銘柄知ってるの?

    その女性はニコッと笑って
    「いつも来ていただいてるから・・・」


    「あっ・・あっそう汗
    年甲斐もなく赤面してしまいましたが、もの凄く嬉しくて、
    単純な私はその日はウキウキでした。楽しい

    「温めませんよね?」の店員とは大違いです悲しい

    フランチャイズの店員でも心のこもった接客は出来るのです。
    そしてこれが本当のサービスなのかな・・と思いました。
    私も勉強になりました。楽しい



    後日、よく遊びに来てくれる女性のお客様に、この話をしたら
    「社長!それで気があるなんて勘違いしちゃダメダヨ!

    「あっ・・・そう冷や汗



    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM