悪ねこ誕生ストーリー

0
    今日は、ここ半年くらい急速に当店の顔になりつつあるキャラクター。
    「悪ねこ」の秘密に迫ってみたいと思います。

    このホームページのトップにもデカデカと前面に出ている猫のキャラクター。名前は「悪ねこ」と言います。楽しい

    よろしくお願いしニャすニャー

    彼が公式の場に初めて現れたのは、1年以上前の雑誌の広告でした。
    もっと痩せていて凄味もありました。冷や汗

    「マスコット犬のクウがいるよね?何で猫なの?

    よくぞ聞いてくれました。楽しい
    深く考えないで見切り発車したので理由とか理屈は何一つないのです。悲しい
    広告の構成をY田君としていた時に
    「何かキャラ欲しいなぁ〜」
    「えっ!突然何ですか?冷や汗
    「いやぁ〜。何かピンと来たんだよねぇ〜」
    「うわぁ〜。始まったぁ〜びっくり
    いつもこの閃きでY田君を悩ませます。
    「で・・・どんなキャラ?
    「う〜ん!?猫でいいんじゃない?しかもちょっと悪そうな!
    ほら巷でエロカッコイイとか何とか言うじゃない。そんな感じで
    悪かわいいみたいな・・・楽しい
    「・・・・・・冷や汗

    こんな無茶な要求もY田君にかかると数日中に実現してしまうのです。
    「こんな感じなんだけど、イメージと合ってる?

    「おぉ〜びっくりぴったりだ!かわいい〜ラブ
    一目惚れしてしまいました。
    それ以来、悪ねこが当店の顔になりました。拍手
    後付の悪ねこストーリーはこうです。

    街一番の悪党。悪ねこは裏の社会で生きていました。
    悪い事をお金に換える仕事です。
    顔のキズが修羅場の数を物語っています。
    そんなある日小さな事件から足がつき、刑務所へ送られる事になりました。
    「ちっ。へましちまったニャー。」

    3年後・・・仮出所した悪ねこは、お世話になった看守さんの紹介で
    カートダイハツに就職するように勧められました。
    「めんどくせーニャー」
    最初はそう思っていたのですが、暖かいスタッフと働いているうちに
    丸くなり始めました。
    そんなある日悪ねこはある女性に恋をします。
    一緒にドライブに行ったり、映画館に行ったり楽しい時を過ごしました。
    しかし、人生とは無情なもの。その女性は事故を起こしてしまいます。
    命に別状はなかったのですが、整備不良が原因だったのです。
    悪ねこは、スタッフのみんなに彼女を紹介するのを照れて、カートダイハツ
    に来店させなかったのでした。
    「うぉぉ〜悲しいすまニャかったニャー悲しい

    社長(私)に呼ばれて「悪ねこくん!車はちゃんとメンテナンスしないと大変な事になる可能性があるんだよ。それをフォローするのが私達の仕事なんだ。本当にその女性を大切に思っていたなら、プロとしてちゃんとフォローしなければだめだよ。」

    悪ねこはこの時、完全に改心したのでした。
    「お客様のためにフォローするのがプロの仕事・・・」

    今日も元気に悪ねこは皆様のお越しをお待ちしています。
    「いらっしゃいませニャー!

    少しチープな物語になってしまいましたしょんぼりがぜひ
    カートダイハツ共々悪ねこにも愛着をもって見守ってあげて下さい。

    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM