たこ焼き

0
    JUGEMテーマ:車/バイク
     

    國井 「しゃちょ〜日頃の恨み〜刺しますよぉ〜 

    私 「はっ・・・

    というのは冗談です
    まぁ、彼女の本心は分からないので・・・冗談だと思いこみます

    本当は、たこ焼き用のタコを切っているところでした

    実は、10月の22日、23日に、恒例となっている感謝祭がありまして、その日は、たこ焼きを振る舞う予定なのです。
    今日は、そのリハーサルを行っていたのでした

    たこ焼きを焼くのは、まったくの素人な私達。
    業務用のタコ焼き機に、ガスを通すのでさえ四苦八苦です


    私 「よ〜し、まずは俺がやる

    基本的に私は、何でも自分でやってみないと、気が済まないタイプの人間です。
    我先に、たこ焼きにチャレンジです

    実は、この日を迎えるにあたり、家庭用のタコ焼き機では、何度も練習してきました。
    しかし、火力の強い業務用となると、いささか緊張してしまいます

    まずは、前もって作っていた、たこ焼きのベースを半分ほど入れていきます。

    そして、たこ投入。

    次は天かすを投入します。
    天かすを入れるのと、入れないのとでは、中のとろみが違うのです

    そして、紅ショウガを投入。

    しかし、ここでハプニング!一つのたこ焼きに大量に投入してしまいました あわわわわ

    落ち込んでなどいられません。立ち止まれば、焦げてしまいます
    練習、練習・・・と自分に言い聞かし、どんどん先に進みます。

    今度は、ベースを、ひたひたになるくらい入れていきます。

    ここが、一番の難関ですね。
    ここで手際よく返していかないと、きれいに丸くなりません

    おお・・・何とか丸くなりましたが・・・大きさがバラバラ・・・
    もう少し修行が必要ですね

    次にチャレンジするのは、小野爺です。
    祭り大好き、小野爺は、たこ焼き係にうってつけの人材なのです
    本番でも、私と小野爺が中心に、たこ焼きを作らせていただく予定です。

    私 「おほほ・・・うめぇ〜
    と、たこ焼きを試食しながら、自画自賛の私。

    その隣で、無我夢中でたこ焼きを作る小野爺

    小野爺 「おお・・・やべぇ


    私 「ほら・・・そこ、焦げてるぞ

    小野爺 「・・・・・・

    腹いっぱいになった私は、小野爺にレクチャー。
    この坊主コンビ・・・本当に露天商でもやってそうです

    私 「ほら〜早く、回しなさい

    小野爺 「・・・・・・・


    私 「火力強いんじゃねぇ〜の?」

    小野爺 「・・・・・・・


    私 「ほら、小野爺・・・火力が・・・」

    小野爺 「・・・・・・・


    会長 「おっ、これ出来てんじゃね?」

    高橋 「部長〜、焦げてんじゃん

    小野爺 「・・・・・・・・


    小野爺 「・・・・・・

    いつまでも、無口な小野爺(笑)日頃、饒舌な小野爺がウソのように、黙々と作業しております

    いやいやいや・・・私は、気持ちが分かります。
    業務用のたこ焼き機は、火力が強いので、油断してると、すぐ焦げてしまいます
    しかも、一瞬の油断で、たこ焼きが丸くならないのです

    関西の方なら、日頃、作っているのでしょうから、意にも介さないのでしょうけどね・・・
    東北人は、滅多に自分で作ったりしないので、慣れるのに時間がかかってしまいます

    出来あがった、たこ焼き。

    この日、私達は、何度も作っては、食べて・・・を繰り返し・・・

    126個ものたこ焼きを食べました

    最後の方は、罰ゲームに近いものを感じましたが、これほど本気になって、たこ焼きを作る車屋さんって・・・なかなか無いですよね

    感謝祭まで、あと少し。
    本番では、おいしいたこ焼きが作れるように、まだまだ精進します




    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM