おもてなしが放射線数値を下げる?

0
    ダイハツ保原の営業時間は9時から18時です

    しかし、私達スタッフは、8時までに出社するのが決まりとなっております。

    一時間も早くに出社して、何をしているのかと言いますと・・・

    掃除をしております

    しかも、簡単な掃除ではありません。

    毎日が、大掃除(笑)

    展示場に置いてある中古車、新車は毎朝洗車しております。

    工場にある設備や機械工具もキレイに片付けます。

    ショールームでは、床のモップがけはもちろん、テーブルやイスもキレイに水ぶきし、大きなガラスも業者さんに任せるわけではなく、自分達でキレイに磨いております。

    通常、どんな会社でも掃除は必ずするものだと思いますが、ここまで本気になって掃除する会社は珍しいのかもしれません。

    しかも、オープン以来、毎日欠かさず続けてきたのでした

    どんなことでも、単発でならできるものだと思いますが、毎日継続して続けるのは大変なんですよねぇ〜

    しかし、ダイハツ保原の掃除は、これが当たり前になっており、これが普通の感覚です。
    ですから誰も、大変だなんて思っておりません。
    特別なことをしている感覚もないのですね

    稀に、お客様だったり、通りがかりの方から、お褒めの言葉をいただくので、「うちの店の掃除は凄いのかな?」と、ようやく実感するくらいなのです。

    そもそも最初から、「凄い掃除をやろう」と思って始めたわけではなく、「お客様にとって居心地のよい店舗にしたい」と考えていたら、自然と掃除のボリュームが増えていったのでした。
    私達にとっては、自ずと導き出された答えのようなもので、極めて自然なことだったのでした


    さて、そんなある日・・・

    放射線測定器を持って、ダイハツ保原の敷地内を測りに来てくれた方がいらっしゃいました。

    取引先の方で、営業で歩くついでに、そのお店の放射線を測ってくれているとのこと。

    さっそく測ってもらうと、驚きの数値を記録しました

    0.37マイクロシーベルト。

    伊達市として発表されている放射線の数値は、日によって違いますが・・・
    現在おおよそ、1.0マイクロシーベルトくらい。

    ダイハツ保原の敷地内は、それに比べるとはるかに低い数値となります

    その後、別の取引先の方や、町内会の方が来て、
    何度か測っていただいてますが、1.0マイクロシーベルトを超える値になったことがありません

    町内会の方などは、周囲と比べて、極端に低い数値にビックリされて帰られたようです。


    なぜ、当店の敷地だけ、放射線が低いのか・・・
    車を洗う、高圧洗浄機でアスファルトの部分を洗浄し、排水溝も定期的に洗浄しておりましたので、
    おそらくなのですが、毎朝の掃除が影響しているように思います

    これも、私達からすれば、「お客様をキレイな店舗でお迎えしたい」という、最低限のおもてなしのひとつとしか思っておりませんでした。
    それが結果的に、放射線の数値を下げる役割につながるなんて、夢にも思わなかったのです
    「一石二鳥」
    お客様にとっても良いことですし、ここで働くスタッフにとっても良いことだと思います


    「おもてなしにより放射線の数値が下がる」
    日頃の取り組みが、未曽有の災害時にも役立つのであればそれに越したことはありません。

    特別な結果を手に入れたければ、
    特別な取組みを継続しなければなりません。
    継続するうちに、特別を特別と感じなくなり、
    特別な結果が訪れても、特別と感じなくなります。

    ↑これ、どんなことにも言えるのだと思います。

    そして今回もまた・・・実感したのでした









    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM