マカオ観光8 カジノ

0
    前回は、マカオの世界遺産をご紹介することができずに、本当に申し訳ありませんでした悲しい

    しかし、写真があっても無くても、これだけはご紹介しなければなりません。

    それは・・・

    カジノ

    マカオといえばカジノ。現在は、ラスベガスを上回るほどの勢いなのだそうです拍手

    マカオの予備知識を得ずに、旅行に参加してしまった私ですが、カジノが盛んなことぐらいはしっていました。

    そして、一度でいいからカジノに行ってみたいとも思っていました。

    ジェームズ・ボンドみたいに、美女に囲まれながら、くわえタバコで、ドル札をディーラーに放り投げ、コインを賭けたい。(なんという妄想だ汗

    なにか始める時は、必ずカッコから入る私しょんぼり

    今回も007に影響を受けているだけなのですが、興味を持っていたのでした。

    ジェームズ・ボンドだからカッコいいのですけどねたらーっ


    実は、ヴェネチアン・ホテルには、マカオでも最大級のカジノが完備されているのです拍手

    早く自由行動にならないかなぁ・・・と願っていた私。

    最終日の午後に、ようやくその願いが叶ったのでした。


    自由行動=カジノへGOグッド




    カジノ入口で記念撮影カメラ

    この写真は以前に撮っておいたものです。
    何かに使えないかと思って、念のために撮っておいて良かったぁ楽しい


    志賀もやる気十分です。


    私 「よっしゃぁぁ〜億万長者になるぞぉぉ〜!

    志賀 「やったるでぇぇぇ〜!


    勢いだけは百人前(笑)

    夢と希望を胸に、いざ出撃ですジョギングプシュー


    私 「うぉぉぉぉぉ・・・・これがカジノかぁぁぁ〜ときめき

    志賀 「なんか、大型のゲーセンみたいですねぇ・・・びっくり

    中に入ると、そこは夢の世界ときめき

    スロットマシーンを始め、様々なゲーム機がピカピカ光っていますひらめき

    本当に、ゲームセンターみたいです。

    カジノのイメージが変わりました。

    多額のお金が、一夜にして動くので、もっと・・・なんていうか・・・鉄火場的な、ぎらついた感じなのかぁ〜と思っていたのですが、ファミリー連れで入店できそうな、意外にライトな感じなのです。

    私 「すっ・・・すげぇ〜汗

    私は写真をパシャパシャと撮りまくりました。すると・・・


    「ノォー」


    大柄なガードマンらしき人が、ジェスチャーでバツを作って、こっちに向かってきました冷や汗


    私 「すいません汗

    志賀 「ソーリー汗


    写真撮影禁止なんて知らなかったんだもん悲しい


    見た目は、ライトな感じでも、やはり厳重な監視下の元に楽しむ場所なのですね汗
    勉強になりました。


    そんな理由で、写真がありません。(撮れていたとしても、不具合発生SDカードのため、どのみちアップできませんが汗

    それでは、イメージが湧きませんので、頂き物の写真を掲載させていただきます。


    カジノの風景(イメージ)。

    上の写真はイメージですが、かなり近い雰囲気です。

    本当にこんな感じでした。


    さて、私と志賀が向かったのは、ルーレットパー

    なぜ、ルーレットに向かったのかというと、今回の旅行でご一緒させていただいた販売店の方の中に、ルーレットの経験者がいて(名前は伏せさせていただきます)その方からルーレットのやり方を教えていただけることになっていたからなのでしたグッド
    そうでなければ、ルールも知らずにルーレットなんて怖くて出来ません。



    私は、こう見えても「アカギ」と「カイジ」を読破しております。(関係ないかもしれませんが汗

    ルールを理解すれば、コツをつかむのも早いはずグッド


    早まる鼓動を抑えながら、ルーレット会場を目指したのでした。



    ルーレットの写真(イメージ)

    経験者の方に、レクチャーを受けながら始めました。

    聞いてみれば、ルールは簡単。

    ディーラーが、ルーレットの中に玉を投げ込み、その出目を当てるゲームです。

    ここだと思う所にコインを置きます。

    数字は36個ありますから、確率は36分の1。
    見事当選すれば、36倍になってかえってきますびっくり

    各数字には、赤か黒の色がついており、そちらも賭けの対象。
    確率は2分の1。
    当たれば2倍ですチョキ

    さらに、横に3つ。たてに3つに分かれていて、そこにも賭けられます。
    確率3分の1。
    当たれば3倍グッド

    簡単に説明すると、こんな感じです。

    しかし、やっかいなのが「0」という数字冷や汗

    実は数字36個以外にも、「0」という数字があり、色は緑色。
    「0」は単独で「0」に賭けなければ当たりません。
    さらに、緑色には賭けられないのです冷や汗

    単独で賭けない限り「0」は親の総取りとなってしまうのです。


    ルーレットを始めた、私と志賀。

    開始早々、志賀が何度か当たり、順調にコインを増やしていきます。

    反対に私は・・・まったく当たりません悲しい

    嬉しいくせに、私に気を使って喜びの顔をしまい込む、志賀の顔が憎たらしい。

    しまい込めてないよ志賀君ぶー 漏れてる漏れてる・・・(=ェ=`;)

    志賀は普段、ギャンブルの類は一切やりませんパー

    私は、多少ではありますが、一通り経験しておりますチョキ

    しかし、まったく調子が上がって来ない冷や汗

    その理由は簡単です。ルーレットは完全確率の世界だからです。

    技術の介入や、知識、経験など、まったく入る余地がありませんパー

    36分の1。「0」を混ぜれば、37分の1。

    ただ、それだけの世界なのです。

    まぁ、ひらたく言えば運の世界です。

    しいてあげるとすれば、いかに初期投資時に当ててコインを増やすか。
    最初に、まぐれ当たりでもいいから、ある程度手持ちのコインが増えてくれれば、同時に多くの数字にバラして、まんべんなく賭けることができるので、保険をかけることができますグッド
    どこかでは当たる可能性が増えるので、極端にコインが減っていくことがありません。

    しかし、手持ちのコインが少ないと、一点買いになってしまい、外れればそれまでとなってしまうのです悲しい


    2〜3時間は、遊んだでしょうか・・・

    結局、私は2万円くらいのマイナス。

    前半調子の良かった志賀も、後半伸び悩み、プラス・マイナスゼロ。


    そんな結果に終わったのでした。


    億万長者の夢が・・・・悲しい


    まっ、本当はそんなに期待はしておりませんでしたパー

    というのも、私達が遊んだフロアーは、一般人が気軽に楽しめるカジノ。

    ですから、そんなに多額のお金を必要としません。(日本のパチンコくらいの感覚でしょうか?)

    実は、人目に付かない場所に、裏フロアーがあり、そこでは世界のVIPが多額のお金を使ってギャンブルしているのです。

    ジェームズ・ボンドとかはそっちですね汗

    だから、私の周りに美女が居なかったのかぁ嬉しいひらめき

    しかし、雰囲気は十分に味わらせていただいたので、社会勉強にはなりました。

    そして、純粋に楽しかったですグッド



    2万円も負けたのは、サイフに厳しかったですが・・・ははは悲しい



                   つづく

    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM