マカオ観光 3 香港

0
    旅行2日目。

    今日から、本格的な観光が始まります拍手

    今日の予定は、香港の観光のようです。

    香港・・・って何があるんだろう?

    予備知識を入れて来なかった私には、ジャッキー・チェンと、ブルース・リーしか思い浮かびませんが、ツアーだし、何とかなるでしょうたらーっ



    船乗り場。

    香港へは、船で移動です。

    まあ、昨日も船でマカオへ渡ってきたのですが、どうやら昨日乗った船とは違う船の模様。

    昨日乗った船は、ターボジェット船。
    今日乗るのは、高速船。

    事前にいただいた、予定表をみると、そう書いております。

    どちらでもいいのですが、MAXクールのエアコンだけは勘弁して欲しいと切に願うのでしたしょんぼり


    船乗り場入口。

    出入国の手続きがありますので、ここから先の建物内は撮影禁止パー

    今回の旅行では、写真撮影が禁止となっている場所が何箇所かあり、分からずに写真をとってしまい、注意されることもしばしば・・・

    すいません汗初海外なもんでしょんぼり



    高速船の正体は、漁船のような船でした汗

    昨日乗った船のように豪華ではありませんが、外の空気が気持ちいいハート私はこっちの方が好きですね楽しいやっぱりエコですよエコ。

    上の写真は、船の上から香港の街並みを撮ったもの。



    無事、香港到着チョキ


    志賀も記念撮影カメラ


    昼食会場へ移動のために、バスに乗り換えました。

    車窓からの、香港の風景。


    マカオでも香港でも、一見すると想像以上に栄えています。
    都市部だけを比べれば、日本よりも凄いかもしれません。

    しかし、市街地から少し離れた場所には、地元の住人が住んでいると思われる住宅地が存在するのですが、建物は非常に古く、その中には何世帯が居住しているのか分からないほど密集しており、快適な生活が送れているようには思えませんでした冷や汗

    特にマカオなどは、アジアのリゾート地として、ラスベガスにとって代わるほどの勢いがあるにもかかわらずです。


    マカオ観光2日目にして、私の中でふつふつと湧き起こってきた感情・・・

    それは、「日本という国は、やっぱり凄い国なんじゃないか」という思い。

    ここ数年、不況、不況・・・と、暗いイメージしか無い日本。
    実際に生活している私達も、豊な暮らしをしている感覚などあまりないのではないでしょうか。

    しかし、世界的にみれば、国民全体の生活レベルが、これほど高い国は数少ないのかもしれません。

    日本に住んでいれば、生活に余裕がなかったとしても、餓死で死ぬなんて考えられません。
    さらに、大抵の人は住む家があり、着る服もあります。

    一家に一台はクルマがあり、テレビがあり、冷蔵庫があります。

    私達は、日本という国に生まれたことを、もっともっと感謝していいし、もっともっと誇りに思ってもいいのかもしれませんねバッド




    昼食は中華のようです。


    中に入ると、大勢の客で盛り上がっておりましたびっくり

    おそらく、かなりの繁盛店なのでしょう。


    私達、福島ダイハツ販売店グループ、揃って記念撮影です楽しい


    出てきたのは、水餃子。

    この他にも、焼きそばらしきもの。春巻きらしきもの
    シュウマイらしきもの
    あとは・・・あまり見たことがないような料理も多数出てきました。

    でも、私は中華が合わないのかなぁ・・・

    特別においしいとは思わないのですしょんぼり

    昨夜食べた中華よりは、おいしいのですが・・・う〜んしょんぼり


    隣の志賀は、旨そうに食べてます(笑)

    私達の中で、一番食べているのではないでしょうか?

    逆に、ここまで食べている人を見るのは気持がいい拍手

    なんだか、私が神経質で小さな人間に見えてしまいます冷や汗


    ビールも出てきました。
    サンミゲルという会社のビールで、香港唯一の醸造会社だそうです。

    味は・・・思っていたよりは飲めましたたらーっ

    バドワイザーのような、薄口な味です。




    さて、お腹も満たされた私達は、またもバスで移動。スタンレーマーケットを目指します。

    路線バスプシュー 路線バスプシュー 路線バスプシュー 路線バスプシュー 路線バスプシュー 路線バスプシュー 路線バスプシュー 路線バスプシュー 



    スタンレーは、香港島の最南端に位置するリゾート地です。
    多くの欧米人や、香港の有名人などが住んでいる高級住宅地があるそうです。


    途中、面白いものを見つけたので写真に収めました。

    建築途中で組む、足場ですびっくり

    日本では、もちろん鉄骨で組むのが一般的ですが、こちらでは竹で組むのが一般的なのだそうです。

    竹は、ほどよくしなり、丈夫なのだとか・・・たらーっ


    さて、私達が目指したのは、中国雑貨やアクセサリー、衣料品などの店が所狭しと並ぶスタンレーマーケットと言われる場所です。


    日本で言うところのアメ横みたいな感じでしょうか・・・


    ここで私は、初めて現地の人とコミュニケーションをとることになりました。


    私 「これ、いくら?

    お店の人 「アッ、ハァ〜ン?

    私 「こ・れ・い・く・らぁ?

    お店の人 「○△□*・@¥−:・・・  ヘッパクッ

    私 「おいおい、何言ってるかわかんねぇ〜けど、最後に鼻で笑ったぞ、こいつびっくり

    お店の人 「キャン・ユー・スピーク・イングリッシュッ?(笑)」

    明らかにバカにした態度怒りマーク

    私 「ちっ・・・」

    バッド バッド バッド バッド バッド バッド 私の心の中 バッド バッド バッド バッド バッド バッド 

    あぁ・・・出来ますとも。
    日本では、義務教育期間は9年間あるんだよ。
    高校を卒業すれば、プラス3年の12年間勉強して、初めて社会人として働く資格が得られるんだよ。
    片言の英語ぐらい、話す気になれば話せますよ!

    でも、おかしくないかい?

    一般の人に、道を尋ねているのとは違うんだぜ。

    こっちは、観光客。

    あんたは、観光客を相手に商売しているプロ。

    おぉっと、客だから、無理難題を押し付けようと思っているわけじゃないんだぜ。

    何を言っているか理解しようとする努力もしないで、小馬鹿にした態度をとる・・・そのあんたの態度が気に入らねぇ〜んでぃ。(江戸っ子風)

    バッド バッド バッド バッド バッド バッド    バッド バッド バッド バッド バッド バッド 


    店の人は現地の言葉、私も日本語、どちらも譲ることなく、平行線のまま・・

    こういう時の私は、頑固一徹ですしょんぼり

    「日本語くらい話せよ、バカヤロウ!」 (寺島しんのすけより)

    「ファッキンジャップくらい分かるよ、バカヤロウ!」(北野武より)


    こんな店、帰るべ、帰るべ・・・と、不機嫌になった私が、店を出ようとすると、一緒にいた志賀が・・・


    志賀 「ハウ・マァ〜ッチ?


    ワオ汗

    海外旅行経験者、志賀が流暢な片言の英語(笑)で割って入ってきました。

    しかも、交渉しております。


    志賀 「ダウ〜ン。ダウ〜ン。」


    私 「ハハハハハッたらーっ


    結局、購入はしなかったのですが、志賀の横顔は自信に満ち溢れております。

    かっこいい〜ハート


    この時以来、私の通訳を志賀が担当するようになったのでした。



    さて、強硬スケージュールな日程のため、ここでの滞在時間は15分。

    すぐに次の目的地である、「アベニュー・オブ・スターズ」へ移動です。


    路線バスプシュー 路線バスプシュー 路線バスプシュー 路線バスプシュー 路線バスプシュー 路線バスプシュー 路線バスプシュー 路線バスプシュー 


    「アベニュー・オブ・スターズ」は、海沿いに位置し、香港の映画界で活躍した人達の手形が並ぶ観光地です。

    その数、70名以上びっくり

    もちろん、ジャッキー・チェンの手形もあるとのこと。

    こう見えても、小学生の頃は、熱烈なジャッキーファンだった私は、真っ先にジャッキーの手形を探したのでしたジョギング

    私 「えっ〜と・・・ジャッキー、ジャッキー・・・と・・」


    私 「おぉ・・・あったぁときめき

    意外に簡単にジャッキー・チェンの手形を見つけることができましたグッド

    しかし、なぜか、人だかりが少ない・・・・

    ジャッキーって・・・人気ないの?汗


    そんな不安が、頭を過りましたが、私は、私。

    手を合わせて、記念撮影カメラ

    私 「ジャッキーって意外と、手小さいなぁ・・・」

    志賀 「社長の手が、でかいんじゃないですか汗


    しばらく、歩いていると・・・ブルース・リーの銅像発見ときめき

    志賀 「おぉぉぉ〜カッコイイィ〜ときめき


    志賀君はブルース・リーのファンかぁ・・・
    そういえば、髪型も似ている気がする冷や汗


    こちらは、サモ・ハン・キンポー。

    こうして歩いていると、有名な人もいますが、まったく知らない人も沢山います冷や汗

    たしかに・・・私の好きな菅原文太さんの、手形があったとしたって、外国の観光客からすると「I don't know」なのでしょうしょんぼり

    そんなことを考えながら、ブラブラと歩いていると、凄い人だかりができている手形を発見しましたびっくり

    えぇ〜、ジャッキーや、ブルース・リーを上回る人気俳優って誰だろう・・・

    人をかき分け、覗き込むと・・・・




    「ジャッキー・チェン」びっくり

    おおおおい・・・んじゃさっきのジャッキーは、何だったのぉ冷や汗

    ちょうど、通りがかったガイドさんに尋ねると・・・
    先ほどの手形は、「ジャッキー・チャン」とのことびっくり

    誰それ嬉しい

    アントニオ猪木とアントキの猪木みたいなものですかねぇ・・・
    榊原郁恵と柏原芳恵とか・・・


    そのガイドさんは適当に「うん。そんな感じハート」と答えていました(笑)


    とにもかくにも、改めて記念撮影カメラ

    本物のジャッキーは、やっぱり大きな手をしてました楽しい


                     つづく


    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM