ゲリラ豪雨の脅威

0
    最近、全国で大雨による被害が相次いでいるようです。
    ここカートダイハツ保原がある福島県伊達市も、先日、一時間の降雨量が100ミリに達したようで、土砂災害が懸念されております。しょんぼり

    100ミリって凄いんです。
    その時、私は遅くまで会社に残っていました。
    仕事に熱中していたので、雨のことはすっかり忘れていました。


    夜のショールーム。


    ちょっと不気味です。汗


    私 「チャリラ〜♪チャリラ〜♪フフフフフフフフフフッフ〜フ♪フフフフフフフフフフフフフっフ〜フ♪」(仁義なき戦いのテーマ)


    鼻歌まじりに気分よく仕事をしていた私ですが。
    徐々に雨音が激しくなってきたのに気が付きました。


    私 「なんか雨強くなってきたのかなぁ・・・」



    ゴロゴロゴロゴロ・・・・

    私 「おっおっ汗カミナリかぁ?





    バキバキバキバキ〜


    私 「はうっびっくり



    次の瞬間、もの凄い量の雨が一気に降り出しました。強風雨強風雨
    ゲリラ豪雨とはこのようなことを言うのでしょう。
    本当にバケツをひっくり返したような雨です。
    さらに、もの凄い音量でカミナリが鳴り響きます。雷

    私はとりあえず、ショールームの真ん中に避難しました。冷や汗
    金属などから極力離れるためです。
    後は・・・あとはどうすればいいんだろう冷や汗
    パソコンのコンセントを抜くとか・・色々あると思うのですが
    その時は、あまりの迫力に、ただただショールームの真ん中で身を低くするだけ。悲しい






    バキャバキャバキャバキャ〜




    私 「わぉびっくり


    ショールームはガラス張りなので、360度全方位で稲妻が見れます。※見たくもありませんが汗
    パノラマビューです。


    私は帰りたくても帰られない状態になりました。

    今、外に出たら・・・人間避雷針になってしまう冷や汗



    雷 強風 冷や汗 雷 強風 冷や汗 雷 強風 冷や汗 雷 強風 冷や汗 雷 強風 冷や汗 雷 強風 冷や汗 


    軟禁状態が30分くらい続いたでしょうか。
    一瞬、雨とカミナリが弱まりました。

    今がチャンスショック

    決死の思いで会社を抜け出し、裏の駐車場まで走り、脱出することに成功しました。ジョギング強風

    自宅まで車を走らせていると、下水が溢れ、道路が川のように水びたしになっている場所が何箇所かありました。冷や汗

    おおよそ、バンパーの半分くらいのところまで浸かったところもあり、まさに川の中を走っているよう・・・

    福島県は自然が豊かで、都会のようなコンクリートジャングルではありません。多少の雨が降っても土の地面が吸収してくれるとばかり思っていたのですが、そうではない場所もあるようです。

    今回少し恐い思いをしましたが、やはり人の力など自然の前では無力なのだということを再確認させられました。冷や汗

    ヒートアイランド、地球温暖化などで、日本の気候が熱帯雨林のような気候に変化してきたのでしょうか?

    とても不安です。


    コメント
    コメントする








       

    オフシャルサイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM